喜劇 駅前茶釜

喜劇 駅前茶釜

1963年製作 日本 95分 1963年7月13日上映
rating 0 -
0 0

『喜劇 駅前茶釜』とは

駅前シリーズの第6作目。日本で語り継がれる昔話のひとつ『文福茶釜』からヒントを得た内容となっている。出演は森繁久彌・伴淳三郎・フランキー堺など。前作『喜劇 駅前飯店』に引き続き久松静児が監督を、長瀬喜伴が脚本を手掛けた。なお、第2作目の『駅前団地』より5作にわたって監督を務めた久松静児は本作でシリーズを離れることになる。前作には王貞治がゲスト出演したことで話題になったが、この『喜劇 駅前茶釜』ではプロレスラーのジャイアント馬場が町人役として出演しているのも見どころ。

『喜劇 駅前茶釜』のあらすじ

呑福茶釜の伝説で有名な呑福寺。毎日毎日訪れる観光客が絶えず、住職の日孫和尚は笑いが止まらない。掛軸を住職に値切られたうえ断られた小道具屋の森田徳之助と、境内のショバ代を値上げされた写真屋の三室勘次はこれを良く思わない。裏山で一匹の狸を捕まえた勘次は、徳之助と共謀して住職にタヌキ汁を食わせてやろうと画策する。しかし狸だと思っていたのは実は理髪店の娘・みどりの愛犬チャコで、住職は腹痛を起こし下半身が腫れ上がってしまう。一方ある夜、徳之助の枕元に掛軸に描かれた狸が現れ、呑福寺の茶釜はニセモノで本物は名家の未亡人・おけいさまの屋敷の物置にあることを告げる。徳之助はさっそく茶釜を手に入れ、勘次と2人で軍資金を借りてお宮を建て、呑福寺に対抗する。

『喜劇 駅前茶釜』のスタッフ・キャスト

『喜劇 駅前茶釜』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『喜劇 駅前茶釜』に関連する作品