ガメラ対深海怪獣ジグラ

ガメラ対深海怪獣ジグラ

1971年製作 日本 88分 1971年7月17日上映
rating 0 -
0 0

『ガメラ対深海怪獣ジグラ』とは

『ガメラ対深海怪獣ジグラ』はシリーズ第7作。監督と脚本は同シリーズでタッグを組む湯浅憲明と高橋二三のコンビが引き続き担当する。出演は本作が映画初出演の坂上也寸志。本作の戦闘シーンは海中と海岸がほとんどで、鴨川シーワールドとのタイアップにより同所でのロケ撮影が行われた。事実上の昭和ガメラシリーズの最終話と言われている。

『ガメラ対深海怪獣ジグラ』のあらすじ

"鴨川シーワールド近郊で、付属する国際海洋研究所の科学者である洋介とトム、その子供の健一とヘレンの4人は謎の飛行物体が海に降りるところを目撃し、ボートで現場へ向かう。しかし突然、海中から謎の光線を浴び宇宙船へと連れ去られてしまった。 宇宙船の中で現れた女性はジグラ星人と名乗り、自分たちの高度な科学力を証明するために地球を管理すると宣言し、東京にマグニチュード13の大地震を発生させる。そして壊滅的な東京を見せしめにし、人類に降伏を要求してきたのだ。4人は宇宙船からなんとか脱出できたが、ジグラ星人は女X一号を地上に送りこんでいた。 一方、国連は地球防衛軍を結成してジグラ星人に対抗するが宇宙船からの反撃で全滅。そこへガメラが飛来して宇宙船を破壊した。 ジグラ星人は水圧の違いから巨大化し、水中でガメラを翻弄する。さらに地上でも光線攻撃でガメラを仮死状態にする。 最後の希望として健一たち4人もガメラ救助に向かうが、ジグラに人質に取られてしまい、ついに人類は降伏を決意する。"

『ガメラ対深海怪獣ジグラ』のスタッフ・キャスト

『ガメラ対深海怪獣ジグラ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ガメラ対深海怪獣ジグラ』に関連する作品