空手バカ一代

空手バカ一代

1977年製作 日本 91分 1977年5月14日上映
rating 0 -
0 0

『空手バカ一代』とは

『空手バカ一代』は大山倍達の半生を描いた、梶原一騎と影丸譲也の空手格闘劇画を映画化した作品。『けんか空手 極真拳』、『けんか空手 極真無頼拳』に次ぐシリーズ第3弾で、前2作同様に千葉進一が大山倍達を演じる。 監督は『武闘拳 猛虎激殺!』の山口和彦が務め、脚本は『ドカベン』の掛札昌裕、撮影は『新宿酔いどれ番地 人斬り鉄』の中島芳男がそれぞれ担当した。 本作は伝説の空手家・大山倍達の波乱に満ちた半生が描かれており、リアリティのある格闘シーンのために実際の格闘家たちが出演している。

『空手バカ一代』のあらすじ

与那島剛造は空手家の大山倍達は、猛牛を一撃で殺すほどの破壊力を恐れ、彼を「ケンカ空手をしている」と理由をつけて破門する。ケンカ空手だと決めつけられた大山は与那島に他流試合を申し込むが、門下生を相手に百人組手をすることになってしまう。試合中、卑劣な罠を仕掛けられるも、大山は門下生と与那島を倒すのだった。 勝利こそしたが虚しさの残る大山の元に、彼の破壊力に目をつけたプロモーターのタッド若松が現れ、彼をスカウトする。そして沖縄でのプロレス試合を勧められた大山は、そこで柔道の藤田修造六段と、ショーマンだったグレート山下と出会い.......。

『空手バカ一代』のスタッフ・キャスト

『空手バカ一代』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『空手バカ一代』に関連する作品