きつね

きつね

1983年製作 日本 104分 1983年6月4日上映
rating 0 -
0 0

『きつね』とは

『きつね』は井手雅人のオリジナル脚本を映画化した作品。監督は本作が映画監督デビューの仲倉重郎。脚本は『震える舌』の井出雅人が担当した。主演は、フォークの神様と言われるミュージシャンの岡林信康で、今作が映画初主演である。少女・万耶にはオーディションで選ばれた高橋香織が共演する。

『きつね』のあらすじ

北海道にある研究所に派遣されてきた低温科学者の緒方。彼は初夏の森の中で、14歳の万耶と出会う。万耶は体が弱く、保養のためにひとりで北海道へ来ていた。そして夏休みに入ると、緒方は万耶のいるホテルで楽しい時間を過ごすのだった。しかし夏の終わり、緒方の愛人・友紀が訪ねてきて、万耶は生まれて初めて「嫉妬」という感情を経験する。嫉妬に駆られた万耶は緒方を責め立て、緒方は友紀と別れることに。 ところが、宿に戻った時にはすでに万耶の姿はなくなっていた。秋になり、万耶は肝臓の手術のため入院していた病院で、自分が「エキノコックス症」という病にかかっている事実を知ってしまう。野性のきつねを介して人間に感染する病気で、寄生虫が体内で幼虫となり深刻な肝機能障害を引き起こしてしまうのである。やがて冬が訪れ、万耶と親しかった老人が亡くなり、そこで彼女は死の恐怖に直面した。そしてブリザードが吹き荒れる中、緒方の目の前に現れた万耶は彼に、自分のためにきつねを撃って欲しいと言うのだった。

『きつね』のスタッフ・キャスト

『きつね』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『きつね』に関連する作品