逆襲! 殺人拳

逆襲! 殺人拳

1974年製作 日本 83分 1974年11月22日上映
rating 0 -
0 0

『逆襲! 殺人拳』とは

『逆襲! 殺人拳』は殺人拳シリーズの第3作目で、空手・拳法の達人である主人公・剣琢磨の活躍を描いたアクション作品。監督は『三代目襲名』の小沢茂弘。脚本は『極道VS不良番長』の高田宏治と志村正治、小沢監督自身の3人が担当している。撮影は『山口組外伝 九州進攻作戦』の山岸長樹が担当した。 本作は、財界の黒幕・大和田青巌と彼が雇う殺し屋に挑む剣琢磨の激闘を描いた作品である。千葉真一や鈴木正文はシリーズで引き続き出演しており、ストーリーも繋がっている。

『逆襲! 殺人拳』のあらすじ

非合法な仕事を引き受ける剣琢磨のもとへ、ある依頼が舞い込む。財界の黒幕・大和田青巌から「機動隊に囲まれた弟・剛を救出してほしい」との依頼だった。琢磨は機動隊の一員に変装してまぎれ込み、剛を救出することに成功。大和田一派のもとへ剛を連れていく。 しかし青巌の本当の狙いは東光化学の内情が暴露されたカセットテープで、剛はそれを盗んだことにより警官たちに包囲されていたのだった。琢磨への謝礼金もニセ札で、怒った琢磨は一派を叩きのめすが、そこに女用心棒・火鳳が現れ、戦いに手こずっている隙に剛たちは逃走してしまう。青巌は手に入れたテープで東光化学社長を脅迫し10億円を要求するが、交渉中に琢磨が乱入してテープを奪い取り逃げ去ってしまう。青巌は琢磨からテープを取り戻そうと、新たな殺し屋のフランキー・ブラックを雇うのだった。

『逆襲! 殺人拳』のスタッフ・キャスト

『逆襲! 殺人拳』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『逆襲! 殺人拳』に関連する作品