キングコングの逆襲

キングコングの逆襲

1967年製作 日本 104分 1967年7月22日上映
rating 0 -
0 0

『キングコングの逆襲』とは

『キングコングの逆襲』は東宝の創立35周年記念作品として製作された特撮映画。監督は『キングコング対ゴジラ』、『モスラ対ゴジラ』の本多猪四郎。脚本は『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』でも本多監督とタッグを組んだ馬淵薫がシナリオを執筆し、撮影も同じく本多監督作品でタッグを組む小泉一。出演は『ゴジラシリーズ』の宝田明。本作は伝説の巨獣キングコングと、悪の科学者が作ったロボット・メカニコングとの対決を描いた作品である。

『キングコングの逆襲』のあらすじ

悪の科学者ドクター・フーは、某国の女工作員マダム・ピラニアの要請で北極地下に眠る「エレメントX」という核兵器素材を採掘していた。採掘作業をするのは、伝説の巨獣キングコングに似せてフーが作ったロボット・メカニコング。しかしエレメントXによる磁場の影響で、メカニコングが故障してしまう。同じ頃、ネルソン司令官、次郎、スーザンの三人は国連の原子力潜水艦で海底油田調査を行っていた。だが南海のモンド島近くを航行中に潜水艦が故障したため、修理しようとモンド島に上陸。しかし、その島にはキングコングが住んでおり、彼らの前に姿を現したのだ。ところが、キングコングはスーザンに興味を持ち始め、どうやら言葉を理解しているようだ。これを知ったマダム・ピラニアは、スーザンに惚れているキングコングを利用できると思いつき、採掘作業を本物のコングにやらせようとフーに提案。しかし、催眠状態に陥っていたキングコングが放射能の影響で正気に戻り、鎖をきって逃走してしまう。さらに後を追うメカニコングと共に東京に上陸し、ついにキングコングとメカニコングの対決が始まる。

『キングコングの逆襲』のスタッフ・キャスト

『キングコングの逆襲』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『キングコングの逆襲』に関連する作品