銀蝶渡り鳥

銀蝶渡り鳥

1972年製作 日本 87分 1972年4月1日上映
rating 4 4
1 0

『銀蝶渡り鳥』とは

『銀蝶渡り鳥』は『銀蝶シリーズ』の第1作となる作品である。監督は『悪の親衛隊』など任侠ものやアクション映画に数多く携わる山口和彦。脚本は山口監督と『不良番長 突撃一番』の松本功が執筆した。かつて女番長だった主人公・樋口ナミを、『野良猫ロックシリーズ』 の梶芽衣子が演じており、梶芽衣子が東映映画に出演するのは今回が初である。本作は、主人公ナミが銀座でホステスをしながら、銀座を乗っ取ろうとするヤクザを相手に戦う任侠ドラマである。

『銀蝶渡り鳥』のあらすじ

不良グループの女番長だったナミは、ヤクザの幹部・矢島を殺して刑務所入りした。ナミの脳裏には、死んだ矢島にすがって泣いていた彼の妻・小枝子と子供の姿が焼き付いて離れなかった。 そして3年後、出所したナミは、父の昔の仲間で現在はビリヤード屋を経営している原田のもとで下宿し、ホステスのスカウト屋・東隆次の紹介でクラブ『ブロンコ』のホステスとして働き始めた。隆次から聞いた話では、心臓を患った小枝子が、ママをしていたバーを地元ヤクザの大和田に取られてしまい、親友・佳代がママをしているブロンコで働いているらしい。ナミは小枝子に、契約金や給料のほとんどを名を明かさずに届けてもらった。 そんな中、大和田が今度はブロンコの乗っ取りを図り、佳代に借金の返済を迫って店で大暴れ。見かねたナミは、店と土地を賭けて大和田に勝負を持ちかけ、大和田の代人・三ッ玉の竜と、ビリヤード対決に挑んだ。ナミは驚異の逆転で勝利したのだが、卑怯な大和田が、佳代の恋人で隆次の兄貴分・紳之助を殺してしまったのだ。そしてナミの怒りが爆発するのだった。

『銀蝶渡り鳥』のスタッフ・キャスト

『銀蝶渡り鳥』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『銀蝶渡り鳥』に関連する作品