クレージーの怪盗ジバコ

クレージーの怪盗ジバコ

1967年製作 日本 110分 1967年10月28日上映
rating 0 -
0 0

『クレージーの怪盗ジバコ』とは

クレージーキャッツ主演作品。本作では変装名人の「怪盗ジバコ」をクレージーキャッツのメンバー全員が演じ、「7人1役」となっている。本作は北杜夫の同名小説を原作とし、クレージー映画を数多く手がけた坪島孝監督がメガホンを取った。脚本も坪島同様『ニッポン無責任時代』を皮切りにクレージーキャッツ主演作品を多数担当した田波靖男。ロケも東京から始まり、奈良や京都等日本全国でかなり広範囲にわたって行われているため、当時の日本各地の風景も楽しめるのも特徴の一つ。楽しんで気軽に見られるコメディ作品に仕上がっている。

『クレージーの怪盗ジバコ』のあらすじ

日本の警視総監の元に紙飛行機が飛んでくる。なんとそれは怪盗ジバコからの挑戦状。「日本のお宝」を頂戴しにジバコが日本にやってくるという。しかし、怪盗ジバコとは何者なのか?人相、年齢、国籍は一切不明。知られている情報と言えば、とにかくなんにでも変装できること、どんな錠前でも開けることができること、そのため世界各国で銀行を破綻させ、その数なんと138回、内閣を総辞職に追い込むこと3回、更迭された警視総監の人数はもはやカウント不能。そんなジバコを捕まえようと警視庁のみならず日本中が色めきだっていた。さてそんなことを知ってか知らずか羽田空港に降り立ったジバコ。しかし同じ飛行機には世界を股にかけて暗躍する国際窃盗団の一味も搭乗していたのだった。

『クレージーの怪盗ジバコ』のスタッフ・キャスト

『クレージーの怪盗ジバコ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『クレージーの怪盗ジバコ』に関連する作品