けんか空手 極真拳

けんか空手 極真拳

1975年製作 日本 88分 1975年8月9日上映
rating 0 -
0 0

『けんか空手 極真拳』とは

極真空手を育てた空手家大山倍達の苦難の道を描いたストーリー。主人公の大山倍達を千葉真一が演じている。千葉は実際に極真カラテの修行を受けている大山の愛弟子。そのため、本職の空手家たちの間でも千葉のカラテは本物だと認められている。極真会館の協力もあって製作された作品であり、大山倍達本人や原作者の梶原一騎も出演している。敵役には空手家の石橋雅史が出演している。

『けんか空手 極真拳』のあらすじ

昭和24年。京都で戦後初めての空手大会「第一回全日本空手選手権大会」が開かれていた。この空手大会は洗武館の館長中曽根が中心となって開かれているもの。優勝候補は洗武館の南波。しかしそこに突然ボロボロの柔道着を来た男が飛び入り参加してきた。 その男の名は大山倍達。結局この大会で優勝したのは大山であったが、気に入らないのは中曽根。中曽根を中心とした空手関係者は大山の空手を「邪道空手」だとか「けんか空手」だとか非難を浴びせ、空手界から締め出そうとする。しかし、そんな事は全く意に介さず、自分の道をひたすら突き進む大山。 そんな大山に憧れ弟子となった有明。ある日、猛牛と大山が戦った記事が報道されたため世間の話題となるが、洗武館の者達はイカサマだと悪口を言う。それに怒った有明は一人洗武館に乗り込むのだった。

『けんか空手 極真拳』のスタッフ・キャスト

『けんか空手 極真拳』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『けんか空手 極真拳』に関連する作品