こちら葛飾区亀有公園前派出所

こちら葛飾区亀有公園前派出所

1977年製作 日本 80分 1977年12月24日上映
rating 0 -
0 0

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とは

秋本治原作による人気漫画を映画化。1977年に劇場公開された。監督は『サーキットの狼』の山口和彦が務め、脚本は『新女囚さそり 特殊房X』の鴨井達比古が担当している。撮影は『地獄の天使 紅い爆音』の中島芳男が手掛ける。同時上映は『トラック野郎・男一匹桃次郎』。出演はせんだみつお・浜田光夫・荒井注ほか。また『Gメン'75』のメンバーが友情出演している。人気キャラの麗子や本田は当時原作未登場であったため、本作には登場していない。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のあらすじ

両津巡査長をはじめ、戸塚巡査長・寺井巡査長たちが毎回事件を引き起こし、いつもてんやわんやの渦中にある亀有公園前派出所。両津と戸塚は馬券を買っては外し、給料日の数日後には財布をカラにしている。ある日、二枚目巡査の中川が亀有公園前派出所に配置されてきた。彼は財閥の御曹司で、いつもスーパーカーで出勤してくる新人だった。その数日後、サユリという女性が派出所を訪ねてくる。彼女は姉を頼って上京してきたと言い、両津が家まで送っていくが、姉のマリ子は留守であった。それからしばらくして、サユリに芸能界に顔が利くという男がつきまとっているという情報が入ってくる。両津は調査に乗り出し、酒井という男を逮捕するが、彼はある人身売買組織の一員であったことから警視総監賞をもらってしまった。しかし、酒井の釈放を要求する一味が派出所をジャックする。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のスタッフ・キャスト

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に関連する作品