ガラスのうさぎ

ガラスのうさぎ

2005年製作 日本 84分 2005年5月14日上映
rating 0 -
0 0

『ガラスのうさぎ』とは

児童文学作家である高木敏子の実体験に基づき執筆されたi、戦争で家族を失った少女の物語である。アニメ映画化の他に、実写映画化、テレビドラマ化も実現しており、3度に渡って映像化されている。声の出演は『コクリコ坂から』の女優・竹下景子、『デビルマンレディー』の最上莉奈、『銀河英雄伝説外伝 黄金の翼』の原康義。

『ガラスのうさぎ』のあらすじ

時代は太平洋戦争末期。東京の下町に住む12歳の少女・江井敏子は、驚異的な物資不足の中で、家族と一生懸命に必死に生きてきた。しかし、昭和20年3月10日の東京大空襲によって、敏子の母である江井ヒデと、二人の妹の江井信子と江井光子が亡くなってしまう。空襲の焼け跡から、形が変わってしまったガラスのうさぎを掘り起こした敏子は、戦争の恐怖、絶望感を叩きつけられる。その後、疎開中に父である江井竹雄が米軍機の機関銃を食らってしまい、絶命してしまう。たった数日のうちに家族全員を失ってしまった敏子は、生きる希望を見失ってしまった。敏子の生きる理由とは一体……。

『ガラスのうさぎ』のスタッフ・キャスト

『ガラスのうさぎ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ガラスのうさぎ』に関連する作品