麻雀放浪記2020

麻雀放浪記2020

2019年製作 日本 2019年4月5日上映
rating 2 2
1 0

『麻雀放浪記2020』のスタッフ・キャスト

『麻雀放浪記2020』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 2 4月8日

    終戦直後の博打打ちである哲は麻雀で奇跡的な役を出したことがきっかけで2020年の東京へタイムスリップする。 白石和彌は今日本で最も精力的に映画製作を行なっている監督と言えます。特に東宝からの愛は熱い。本作も波のタイトルから『仁義なき戦い』を思わせるオープニングでした。ただ映画は明らかにおふざけ。超低予算。斎藤工がとにかく楽しそうで「そうそう!これがやりたかったんだよ!」と言わんばかり。斎藤工は世の淑女たちのものではなく、僕たち側の人間だったことがわかります。大して面白い映画ではないのですが、白石和彌はたまにこういう映画で息抜きをしないと撮れないのだと思います。 本作はピエール瀧の逮捕と公開時期が重なる不運になってしまいました。出演シーンは本当にごく僅かでそもそも斎藤工とのシーンもない(もしかしたらあったけど削ったのかな…)。俳優逮捕による作品公開中止に対抗するポーズを取るために公開に踏み切ったように思います。

『麻雀放浪記2020』に関連する作品