いつかのふたり

いつかのふたり

2019年製作 日本 98分 2019年10月12日上映
rating 0 -
0 0

『いつかのふたり』とは

ハンドメイドの中でも敷居の高かったレザークラフトも、今や様々な層に浸透してきた。本作はそんなレザークラフトを通して、大人になりきれていない母親と、しっかり者の高校生の娘が、段々と心を通わせていく様子をコミカルに描く。 母親・麻子役を各方面で高い評価を受けた『桜の園』の中島ひろ子が好演し、娘の真友を新人の南乃彩希、別れた夫・隆弘は「木更津キャッツアイ」シリーズなどの岡田義徳が演じる。監督は、本作が劇場用映画デビューとなる長尾元。

『いつかのふたり』のあらすじ

シングルマザーである木嶋麻子と、その一人娘・真友。高校を卒業したら小説家に弟子入りする真友は、大阪で一人暮らしを始める予定だ。 部屋探しのため出掛けた真友を見送った帰り道、麻子は偶然見かけた手芸用品店のレザークラフトに興味を持ち、母娘一緒に作品を作ることに。充実した日々を送るふたりだったが、その間には小さなわだかまりがあった。それというのも、麻子は真友に「大阪についていきたい」と言えず、真友も「大阪についてきてほしい」と言えずにいたのだ。 なかなか素直になれないふたりだったが、親子関係を少しでも良くしようと真友は家族旅行を提案し……。

『いつかのふたり』のスタッフ・キャスト

『いつかのふたり』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『いつかのふたり』に関連する作品