15ミニッツ・ウォー
上映中

15ミニッツ・ウォー

L'Intervention
2019年製作 フランス・ベルギー合作 98分 2019年10月11日上映
rating 2.5 2.5
1 0

『15ミニッツ・ウォー』とは

『孤独の暗殺者 スナイパー』のフレッド・グリビオスが監督・脚本を手掛ける本作は、フランス最後の植民地だったジブチで発生したバスジャック事件を描いた。10年前から執筆し、2019年ついに劇場公開となる。 『ザ・スクワッド』に出演していたアルバン・ルノワールや、『007 慰めの報酬』『ヒットマン』などに出演していたオルガ・キュリレンコなどフランスを代表する名優たちが出演。 対テロ特殊部隊GIGN(国家憲兵隊治安介入部隊)の人質救出作戦は成功するのか。

『15ミニッツ・ウォー』のあらすじ

1976年、フランスの最後の植民地だったジブチで軍、関係者の子どもたち21人を乗せたスクールバスが武装組織に乗っ取られるという人質事件が発生した。テロリストは政治犯の解放と、フランスからの独立を要求する。事態を重く見たフランス政府は、世界最高峰と謳われる対テロ特殊部隊GIGN(フランス国家憲兵隊治安介入部隊)を現地へ派遣することを決める。 隣国ソマリアへと向かう事になったスクールバスは、軍との攻防により国境手前で停車。生徒たちの身を案じた女性教師が、軍関係者の静止を振り切り、単身テロリストに占拠されたバスに乗り込んでいく。 果たして人質を無事に救出することができるのか……。

『15ミニッツ・ウォー』のスタッフ・キャスト

『15ミニッツ・ウォー』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『15ミニッツ・ウォー』に関連する作品