キューブリックに魅せられた男
上映中

キューブリックに魅せられた男

Filmworker
2017年製作 アメリカ 94分 2019年11月1日上映
rating 0 -
1 0

『キューブリックに魅せられた男』とは

スタンリー・キューブリック監督の『バリー・リンドン』に出演したのをきっかけに、役者としてのキャリアをすべて投げ捨てキューブリックに絶対的な忠誠を誓い、専属アシスタントとなった若き俳優レオン・ヴィタリ。無限にも感じられるほどの雑務に追われる彼の過酷な日々を、ライアン・オニール、マシュー・モディーンやR・リー・アーメイら出演者をはじめ、多彩な映画人たちの証言と共に描くドキュメンタリー。 ドキュメンタリー製作に定評のあるトニー・ジエラが監督を務め、数々の貴重な映像とアニメーションを駆使して、キューブリックの映画製作現場を描き出す。

『キューブリックに魅せられた男』のあらすじ

有望な若手英国俳優であるレオン・ヴィタリは、多感な時期に『2001年宇宙の旅』と『時計じかけのオレンジ』を観て衝撃を受け、キューブリック監督の信奉者となった。オーディションで『バリー・リンドン』の出演を勝ち取り、臨んだ撮影初日。初めて監督に会った瞬間「電流が走った」という。 撮影を通じて監督との親交を深めたレオンは、クランクアップ後、期待されていた俳優業からスタッフへと転身し、念願叶って『シャイニング』からキューブリック組に参加することに。子役の世話や演技指導をこなし、監督の信頼を得たレオンは、無数ともいえるあらゆる細かな用事や仕事を任されるようになる。常識をはるかに超えるような仕事量に24時間365日体制であたるレオンは、監督からのプレッシャーも相まって、肉体的にも精神的にも追い詰められていき……。

『キューブリックに魅せられた男』のスタッフ・キャスト

『キューブリックに魅せられた男』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『キューブリックに魅せられた男』に関連する作品