監督・ばんざい!

監督・ばんざい!

なし
2007年製作 日本 104分 2007年6月2日上映
rating 2.5 2.5
17 1

『監督・ばんざい!』とは

『監督・ばんざい!』は北野武が自ら主演し、監督・脚本・編集も兼ねて映画への想いを凝縮したコメディ作品。北野武の監督作品は13作目となる。 本作はスランプに陥った映画監督の姿を、オマージュやギャグを織り交ぜて描いた異色作。出演者には江守徹、岸本加世子、大杉漣、宝田明、木村佳乃、松坂慶子といった豪華な役者陣が名を連ねる。 また、ヴェネツィア国際映画祭では『現役で、将来にわたって活躍が期待される映画監督』を対象とした『監督・ばんざい!賞』が新たに創設され、北野が第1回の受賞者となった。

『監督・ばんざい!』のあらすじ

映画監督キタノ・タケシは次なるヒット作を生み出そうとするもその内容に思い悩んでいた。というのも、自身の代表作でもあり得意なジャンルはギャング映画だが『暴力映画は二度と撮らない!』と宣言してしまったからだ。そこで彼は、これまで手をつけてこなかった様々なジャンルの映画に片っ端から挑戦することを決意する。 海外受けしそうな小津安二郎風人情劇、流行りに乗った昭和30年代映画、そしてホラーにラブストーリー、時代劇からSFなど、あらゆるタイプの映画に挑むもどれも上手くいかなかった。 追いつめられた監督はふとした閃きで一本の映画に取り掛かることにする。それは、金儲けのためなら何でもやるサギ師の母と娘が、政財界の大物・東大泉の子息らしき男に財産目当てで接近するというものだった。しかしその時、地球には危機が迫っていた。

『監督・ばんざい!』のスタッフ・キャスト

『監督・ばんざい!』の感想・評価・ネタバレ

『監督・ばんざい!』に関連する作品