わたしは光をにぎっている
上映中

わたしは光をにぎっている

2019年製作 日本 96分 2019年11月15日上映
rating 0 -
1 0

『わたしは光をにぎっている』とは

モスクワ国際映画祭で2つの賞を受賞した『四月の永い夢』や、東京国際映画祭スプラッシュ部門にノミネートされた『愛の小さな歴史』『走れ、絶望に追いつかれない速さで』など、国内外でその鋭い感性を評価されている中川龍太郎監督が、変化の多い都会の中で自分の居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描いたドラマ。 『ひよっこ』やドラマ『この世界の片隅に』などの松本穂香が主人公を演じ、そのほか渡辺大知、徳永えり、吉村界人、忍成修吾、光石研、樫山文枝など、若手からベテランまで実力派たちが共演に名を連ねる。

『わたしは光をにぎっている』のあらすじ

宮川澪、20歳。両親を早くに亡くし、長野県・野尻湖のほとりにある民宿を祖母と二人で切り盛りしていた。しかし祖母が入院することになり、民宿を閉めざるを得なくなる。澪は父の親友であった京介を頼りに、彼の経営する都内の銭湯に身を寄せることになる。 都会ならではの空気になかなか馴染めずにいたが、祖母の言葉をきっかけに銭湯を手伝うように。映画監督の夢を持つ銀次や会社員の美琴など、常連客たちとの交流を通し、次第に都会での生活に喜びを見出し始めた澪だったが、ある日区画整理のめ銭湯がもうすぐなくなることを知り……。

『わたしは光をにぎっている』のスタッフ・キャスト

『わたしは光をにぎっている』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『わたしは光をにぎっている』に関連する作品