劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター

劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター

2019年製作 日本 2019年11月29日上映
rating 0 -
0 0

『劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター』とは

1979年に誕生したテレビアニメシリーズ「機動戦士ガンダム」の原作者・富野由悠季が2014年のテレビシリーズ「ガンダム Gのレコンギスタ」を劇場用に再構築した作品。新しいカットも加え、富野由悠季が総監督から脚本まで手掛けた5部作中の第1部。未来の時代「リギルド・センチュリー」で少年ベルリは世界の真相に直面する。 ベルリ役は2014年「ガンダム Gのレコンギスタ」シリーズから引き続き石井マークが務める他、実力派声優がそろう。

『劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター』のあらすじ

そこは未来の時代「リギルド・センチュリー」。少年ベルリ・ゼナムは宇宙からのエネルギー源フォトン・バッテリーを地球に運ぶ「キャピタル・タワー」を護衛するキャピタル・ガード養成学校の候補生。初実習でフォトン・バッテリー強奪作戦を実行している宇宙海賊の襲撃に出くわすものの、宇宙海賊の捕獲に成功する。 ベルリは捕まった宇宙海賊の少女アイーダ・スルガンに不思議な力を感じていた。アイーダも高性能モビルスーツ「G-セルフ」を起動させることができたのだ。そしてベルリの冒険が始まり、世界の真相に直面することとなる。

『劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター』のスタッフ・キャスト

『劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター』に関連する作品