HUMAN LOST 人間失格

HUMAN LOST 人間失格

2019年製作 日本 2019年11月29日上映
rating 3 3
1 2

『HUMAN LOST 人間失格』とは

太宰治の名作『人間失格』をベースに劇場アニメーションに大胆改作された作品。医療革命により平均寿命が120歳となった昭和111年の東京。無病長寿が実現された社会システムから外れた人間は失格か、合格か……。 監督は『アフロサイムライ』の木崎文智、スーパーバイザーとしてテレビドラマ『踊る大捜査線』の演出を務め大ヒットさせた本広克行が参戦。主人公・大庭葉藏の声を担当するのは多数のアニメに出演し人気を集める宮野真守、ヒロイン・柊美子の声は年間20本以上のアニメ作品やゲームに出演する花澤香菜が務める。

『HUMAN LOST 人間失格』のあらすじ

昭和111年、東京。体内のナノマシンとそれらを管理するネットワーク「S.H.E.L.L.」の構築という医療革命により無病長寿が確約されていた。しかし、その裏では経済格差、環境破壊、死生観が崩れた退廃的な生活という様々な問題が併発していた。中でも「S.H.E.L.L.」ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”が深刻化していた。 大庭葉藏は薬物に溺れていた。ある日、異形化した「ロスト体」と鉢合わせし危険な目に遭うが、少女・柊美子に助けられる。美子は対ロスト体機関「ヒラメ」に属し、不思議な力を持っていた。そして、葉藏自身も特別な能力を持っていることに気がつく。

『HUMAN LOST 人間失格』のスタッフ・キャスト

『HUMAN LOST 人間失格』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2019年11月4日

    死がどんどん先送りになるディストピアな日本。この国では「合格」という概念が存在しており…。 太宰治の同名小説のアニメ化、という前情報だけで鑑賞した私は椅子らひっくり返りそうになった。『人間失格』をキャラクターなどをなるべくそのままにSFアニメ映画にしているのだ。この映画で主人公の男は空をガンガン飛ぶのである。当然ながらオリジナル版は飛ばない。『ブレードランナー』や『AKIRA』的SF世界の映画化であり、その舞台説明に多くの時間を割いているように思われた。設定の導入こそSF映画の真骨頂であるが、このコテコテに慣れていないとキツいだろう。『アドアストラ』のような映画を観たばかりだったので、もう少し内省的なドラマすら期待してしまうが、しかし主人公たちは世界をガラリと変えてしまうのである。このあたりのSFとしては難易度が低い。 アニゴジなどを製作しているスタジオの作品。独特なヌルヌルとした体の動きは目につくが、しかしそれも個性的で悪くないように見えてくるので不思議だ。

『HUMAN LOST 人間失格』に関連する作品