ブライトバーン 恐怖の拡散者

ブライトバーン 恐怖の拡散者

Brightburn
2019年製作 アメリカ 91分 2019年11月15日上映
rating 2.8 2.8
3 0

『ブライトバーン 恐怖の拡散者』とは

SF、ホラー、サスペンス、ドラマなどのジャンルをミックスして作り出された“恐怖”を描いた。12歳になったブランドンが異常な力に目覚める。 全米で大ヒットしたマーベル・スタジオズの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督ジェームズ・ガンが製作を務める。監督は『インバージョン 転移』で監督および脚本を手掛けたデビッド・ヤロベスキーが務め、ブランドンの母親トーリ役は『ハンガー・ゲーム』のエリザベス・バンクスが演じる。

『ブライトバーン 恐怖の拡散者』のあらすじ

トーリーはずっと子供を望んでいたがなかなか授からずに悩んでいた。そんなトーリーのもとに謎めいた赤ちゃんがやってきて、トーリーは待望の男の子を手に入れた。ブランドンと名付けられたその男の子は聡明で好奇心旺盛な子へと成長する。 ブランドン12歳の誕生日。彼は強烈な闇に包まれ、反抗期が始まった。そして、人間ではあり得ない驚異の力が現れ始める。その能力に戸惑うブランドンだったが、その能力をどんどん自分のものにしていく。ブランドンを怒らせれば死ぬ運命。カンザス州・ブライトバーンを人々は恐怖に震えあがる。

『ブライトバーン 恐怖の拡散者』のスタッフ・キャスト

『ブライトバーン 恐怖の拡散者』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 4月19日

    ある田舎の夫婦の元ですくすくと成長する男の子。彼はある日自らに授かった大いなる力に目覚めてしまう。 『スーパーマン』の幼少期時代の物語を下敷きに、もしその子が邪悪な存在だったらというif映画。確かにご指摘の通りで、空から降ってきた男の子が善良である保証は一切ない。この映画の男の子は好奇心の赴くままに悪虐の限りを尽くしていく。好奇心で女の子の家に押しかけ、末にお母さんを殺してしまうのだからどうしようも無い。手の施しようがないのだ。ご両親も徐々にその事実に気づき、男の子の抹殺を目指すので映画は明るいものとは言えない。もう一捻りというか、ユーモアがもう少しあればなとは思った。 男の子は作中で明確にされていないが、第二次性徴をきっかけにスーパーパワーを手に入れてしまう。さらにオープニングから夫婦の情事が描かれている。この辺りでお子様は映画の鑑賞を辞めるべきだ。その後、非常によくできたゴア描写が待ち構えている。人体欠損のシーケンスは一見の価値有りだ。さすがはジェームズ・ガン。製作となってもトロマイズムを後世に伝えている。

『ブライトバーン 恐怖の拡散者』に関連する作品