“隠れビッチ”やってました。

“隠れビッチ”やってました。

2019年製作 日本 112分 2019年12月6日上映
rating 4 4
1 0

『“隠れビッチ”やってました。』とは

あらいぴろよの同名エッセイ漫画の映画化。見た目は清楚だが次々と男をもてあそぶ女“隠れビッチ”の恋模様と成長と描く。 監督は『旅猫リポート』や『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎。主人公のひろみ役にはNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の佐久間由衣が抜擢された。本作が映画初主演となる。その他、映画『モテキ』やNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』などに出演の森山未來や村上虹郎、大後寿々花ら実力派俳優が共演。

『“隠れビッチ”やってました。』のあらすじ

荒井ひろみは26歳独身。異性からモテ続けることを生きがいとしていた。たくさんの男に告白されることで認められたいという欲求を満たしている。清楚派を気取っているが、あらゆるテクニックで男性に告白させては振って相手を傷つけることを繰り返す。それが自分の自信をチャージする方法だった。シェアハウス仲間からは“隠れビッチ”と名付けられる。 そんなある日、ひろみの前に気になる男性が現れる。しかし、本当に好きな人の前では上手くいかないひろみは、初めて本当の自分と向き合い始める。本当の幸せとは何か?ひろみはそれに気がつくことは出来るのか。そして、彼女がたどり着いた答えとは……。

『“隠れビッチ”やってました。』のスタッフ・キャスト

『“隠れビッチ”やってました。』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『“隠れビッチ”やってました。』に関連する作品