屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

Der Goldene Handschuh
2019年製作 ドイツ・フランス 110分 2020年2月14日上映
rating 3.5 3.5
2 0

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』とは

『愛より強く』『そして、私たちは愛に帰る』『ソウル・キッチン』などで多数の受賞歴がある、ファティ・アキン監督の作品。同監督が、脚本もあわせて執筆を行っている。 1970年代にドイツのハンブルグにて実在した連続殺人鬼フリッツ・ホンカについて小説をもとに作られたものであり、第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門への正式出品もされている。ベルリン国際映画祭にて、最も毀誉褒貶が飛び交った作品である。

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ

1970年代の初めごろ、ドイツのハンブルグにとある男がいた。名前をフリッツ・ホンカという。お世辞にもハンサムだとはいえず、金持ちそうだったり、頼りがいがある見た目でもない。しいていえば無害そう、またはおとなしそうな雰囲気の男性である。 彼には、毎晩のように通うゴールデングローブという行きつけのバーがあった。そして足繁くそこへ訪れては、一人ぼっちでつまらなそうに時間を過ごしている女性客に声をかけていた。そんな彼には、夜な夜な馴染みのバーで女性客へ声をかけること以外に、もう一つの秘密の顔が存在していた。

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のスタッフ・キャスト

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 5月31日

    フリッツ・ホンカは殺人鬼。女を自宅に攫っては殺害を繰り返す。 殺人を繰り返すフリッツだが、劇中では自分の行いを後悔するような描写も見られる。さらに仕事を変えて酒を止めると同時に殺人もやめて真っ当な人生を歩き出そうともする。実はフリッツを狂気に至らしめているのはアルコールであると正面から言っているのだ。フリッツは人並み以上に酒に溺れやすい弱い存在なのである。行為そのものは全く受け入れることができないが、非常に人間的なフリッツに対して鑑賞者は寄り添うような立場になってしまう。悪質な映画だ(褒めている)。 この映画は同じく酒に溺れる人々がたくさん登場する。行きつけの店(原題のゴールデングローブはこの店の名前から)の常連である皆様は本当にみんな揃いも揃って…。もちろん日本国内でもこういうお店が存在するのであろうが、他国でのこの雰囲気はなかなかない。この映画にはそのアウトローな感じに憧れる若者がギャフンとなる展開も用意されており、細やかである。 殺人鬼を描いた実話モノを語る時に「世界仰天ニュース」の再現VTRを引き合いに出すとわかりやすい。この映画は再現VTRを大幅に超えている。

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』に関連する作品