スウィング・キッズ (2018)

スウィング・キッズ (2018)

Swing Kids
2018年製作 韓国 133分 2020年2月21日上映
rating 0 -
0 2

『スウィング・キッズ (2018)』とは

2018年に日本でもリメイク作品が公開された『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチョルが、脚本と監督を担当している韓国の作品。 急ごしらえで組んだいびつなタップダンスのチームが、ダンスを軸としながら人種やお互いの思想をも超越して関係を深めていく姿を描き出している。 主演のロ・ギス役にはK-POPグループEXOのD.O.が抜擢され、ブロードウェイミュージカルでの最優秀ダンサーへ贈られるアステア賞を受賞しているジャレッド・グライムスが、ジャクソン役として出演している。

『スウィング・キッズ (2018)』のあらすじ

1951年、巨済島捕虜収容所。新たに赴任してきた所長により、捕虜を集めてダンスチームを結成するという計画が持ち上がる。目的は対外的イメージアップである。 しかし、候補として連れてこられたのは一癖も二癖もあるうえに、国籍も生きてきた時間も全く噛み合わない5人。トラブルを撒き散らすタイプを筆頭に、集められたメンバーは、マルチリンガルな通訳者、行方しれずの妻を探す民間人捕虜、ダンスの実力は十分な中国人捕虜ら。そこへ黒人下士官であり元ブロードウェイタップダンサーも加わった。 こうしてかき集めたメンバーで、スウィング・キッズと呼ばれるダンスチームが結成された。そして、このスウィング・キッズにスポットライトの当たる話が持ち込まれた。

『スウィング・キッズ (2018)』のスタッフ・キャスト

『スウィング・キッズ (2018)』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『スウィング・キッズ (2018)』に関連する作品