女が階段を上る時

女が階段を上る時

1960年製作 日本 111分 1960年1月15日上映
rating 3 3
1 0

『女が階段を上る時』のスタッフ・キャスト

『女が階段を上る時』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2019年12月26日

    女たちは銀座で働く夜の蝶。中でも一際輝くママは、しかし今後の人生に大きく悩んでいた。 高峰秀子、成瀬巳喜男のタッグによる映画。舞台は成瀬繰り返し扱ってきた庶民の家庭ではなく、華々しい銀座のスナック。しかしそれらは全て裏の顔。結婚し家庭に入るか、店を持ち独立するか。年齢的にも岐路に立たされた女がその動乱に振り回されるのだ。女の人生が多様化し、選択肢が増えたことにより、女も悩むようになった。女性映画の巨匠が当時を切り取った映画と言える。 高峰秀子の化粧もバッチリ。泥酔しグデグデになる高峰秀子は他ではあまり見ることができない。それでも素晴らしい演技力を発揮している。

『女が階段を上る時』に関連する作品