クィーン

クィーン

The Queen
2006年製作 イギリス・フランス・イタリア 104分 2007年4月14日上映
rating 3.2 3.2
34 6

『クィーン』とは

パリで突然の交通事故に遭い逝去したダイアナ元皇太子妃。さまざまな憶測や批判が飛び交う中、対応に苦慮する英国王室の内側を取材を基に実話ベースで描いた作品である。監督は『ヘンダーソン夫人の贈り物』のスティーヴン・モリアーズ。脚本は本作と『ラストキング・オブ・スコットランド』で注目を集めたピーター・モーガン。エリザベス2世を『英国万歳!』のヘレン・ミレンが演じ、舞台『アマデウス』で高い評価を受けたマイケル・シーン、『ベイブ』シリーズのジェームズ・クロムウェルが脇を固める。本作は第79回アカデミー賞で7部門にノミネートされ、主演女優賞を受賞。ヘレン・ミレンはその年の主演女優賞の多くを獲得している。

『クィーン』のあらすじ

1997年イギリス。粛々と公務をこなすエリザベス女王をよそに、ダイアナ元皇太子妃はチャールズ皇太子との離婚後も高い人気を誇り注目を浴びていた。そんな中1997年8月30日深夜、ダイアナ元皇太子妃が交通事故に遭ったという連絡がパリの大使館から入り、ロイヤルファミリー、ブレア首相に伝えられる。パパラッチとのカーチェイスの末の出来事で、ダイアナ元皇太子妃の突然の悲劇に世界の注目が集まった。しかしダイアナ元皇太子妃は集中治療室に運ばれるも翌朝に死亡。イギリスは悲しみに包まれ、かねてより元皇太子妃との不仲が囁かれたエリザベス女王と英国王室の対応に注目が集まるのだが...…。

『クィーン』のスタッフ・キャスト

『クィーン』の感想・評価・ネタバレ

  • Yukiko

    女王の孤独がよく表れている

  • yukakurobe
    yukakurobe 3 2015年3月10日

    『クィーン』鑑賞。エリザベス女王(エリザベス2世)の話。ダイアナ妃の死についての王室と世間との考え方のギャップが描かれてるけども、誰を擁護するわけでもなく中立な立場で描かれているところが好印象。最後の急いでまとめてる感がちょっと残念。

  • Yuko Fujiwara
    Yuko Fujiwara 3 2015年3月5日

    2015.3

『クィーン』に関連する作品