サンシャイン 2057
サンシャイン 2057
SUNSHINE
2007年製作 アメリカ 108分 2007年4月14日上映
rating 3 3
31 10

『サンシャイン 2057』の感想・評価・ネタバレ

  • HEROHALU
    HEROHALU 2 2015年11月3日

    記録用

  • yukakurobe
    yukakurobe 2 2014年6月30日

    久しぶりにこてこてのSF映画観ました。「サンシャイン2057」はCGが素晴らしい!前半と最後のシーンは良いのだけど、中盤は、え、そうくるか。っていうグロいシーンがあって、個人的には世界観にしっかりした軸がほしかったなぁ

  • Masaki Yoshikawa
    Masaki Yoshikawa 3 2013年8月30日

    真田広之と浅野温子?と思ったぁ~

  • laa_laa2316
    laa_laa2316 3 2013年1月2日

    【クリス・エヴァンス一気見企画】クルー達の打ち解けてない感が新鮮。全員淡々としているというか自分の世界しか大事にしていない。その辺が前任イカロス1号の楽しげなクリスマス写真と対照的。艦長(真田広之)からして静かすぎるし(これはZenみたいなものの表現だろうか)。だいたい太陽に核爆弾撃ち込むなんて大それたミッションを実行する宇宙船の名前がイカロスってもう「失敗します」って言ってるようなもんだ。 メイス(クリス・エヴァンス)って冒頭で壊れててだんだんと冷静になってミッション実行に忠実になっていくんだけど、飲み会で最初に酔っ払ってしまい終わる頃には醒めてて後片づけを全部やらなくちゃならない損な役回りの人っぽいな。でもこの作品でいちばん損な役回りは、あんなに大変そうな特殊メイクなのにあんまりちゃんと映っていないマーク・ストロングだろう。

  • tomoart

    今やアカデミー監督のダニー・ボイル監督作のスペースサスペンス映画。 50年後、太陽の予想外に早い弱体化により地球は氷河期を迎えようとしていた。この滅亡の危機に人類は最終手段として、太陽に巨大核弾頭を打ち込み、太陽の再活性化を図る事にした。こうしてカネダ船長(真田広之)率いる8人の異人種混成チームは、宇宙船を出発させたのだ。しかし心配が一つあった。7年前に同様の計画で出発した宇宙船が消息不明になっていたのだ・・・・。 これは面白い!上記の粗筋は全て冒頭のナレーションで処理。いきなり宇宙船の中からスタートで、以降ほぼ宇宙船の中からカメラは出ない。観客はそのまま乗務員と同じ目線で事件を体験していく事になる。そして次々と襲うアクシデント!一旦始まったらノンストップ、終わりまでテンションは上がりっばなしで、さらに上がりこそすれ、下がることは全くない。これぞサスペンス! 「2001年宇宙の旅」や「エイリアン」を彷彿とさせるシーンもあるが、ひねりが利いていてパクリ的な悪印象は無いし、個々の美術デザインはなかなか独特の強さを持っていて、カッコいいとは言わないが(笑)、味があって面白い。 これは期待していなかっただけにめっけ物の作品でしたw http://tomoart.blog.so-net.ne.jp/2007-04-20