明日、君がいない

明日、君がいない

2:37
オーストラリア 2007年4月21日上映
rating 3.8 3.8
90 70

『明日、君がいない』とは

2時37分に校内で起こるある事件に至るまでの1日の、悩める6人の高校生を描いたドラマ。2006年のカンヌ国際映画祭で高い評価を得た。コロンバイン高校銃乱射事件を描いたガス・ヴァン・サント監督の『エレファント』の手法をベースにした撮影手法を用いている。 監督ムラーリ・K・タルリが本作を撮ったのは19歳のときであった。

『明日、君がいない』のスタッフ・キャスト

『明日、君がいない』の感想・評価・ネタバレ

  • えいじ
    えいじ 3 2016年1月22日

    2時37分、ひとりの学生の自殺が発覚。6人の高校生をインタビュー風に撮影し誰が自殺をしたのかはわからない状況で一人一人にフォーカスをあて進められる 皆さん書いてますが、エレファントやん!!笑 どうしても見比べると見劣りしてしまう気がします。この世代は誰もが悩みを抱え、誰にも話せない事がある。そして何より世界が自分の周りだけだと思い込み視野の狭い生活を強いられている。 いつ、誰がこの結果を迎えてもおかしくない。それが現実だと、だからこその生き方をしなければ... 私個人としては邦題サムいなと思いましたが、原題もなんかな...

  • ゆ い
    ゆ い 3 2015年9月8日

    撮り方がすごい!

  • 鯛のお造り
    鯛のお造り 4 2015年7月26日

    鬱になるとは聞いていたけど、日曜の早朝から観た自分を本当に恨んだ… とあるハイスクールで2:37にある生徒が自殺して、6人の生徒のインタビューと当日のそれまでの映像を観ながら、いったい誰が自殺したんだろ?と考えてながら見ていくんだけど、結果は意外や意外…… 正直、6人の誰が自殺してもおかしくないほどみんなギリギリの状態を生きている それぞれ秘密や悩みがあって、さらに他人には誤解を生んだりと複雑に絡み合ってる 結果その「悩み」や「秘密」がないように思えた子が自殺をしちゃうんだけど… ある意味、悩みや秘密なんてのは自分に向き合って自分のことしか考えられてないようにも思える あの人の自殺に対して「悩みを相談してくれれば良かったのに!」みたいなセリフがあったのが苦しかった、漠然とした孤独感や文字には出来ないような思春期のモヤは悩みや秘密という認識もなく心の中を渦巻いてる そういうわけでわたしはもう20代半ば近くなので、今みると彼らの心情の部分がわかるようでわからないところも正直ある あそこまで敏感で傷つきやすく瑞々しい感性って本当に中高生特有なんだろうな 10代の頃みたらわたしどうなってたんだろ #ネタバレ

『明日、君がいない』に関連する作品