ストリングス~愛と絆の旅路~

rating 3 3
4 1

「ストリングス~愛と絆の旅路~」のスタッフ・キャスト

「ストリングス~愛と絆の旅路~」の感想・評価・ネタバレ

  • didymalilacina
    didymalilacina 3 2014年10月12日

    エヴァ監督が原作を気に入り、わざわざ日本人向けに脚色し直したドールムービー。(だったかな) 全ての生物が天上と糸で結び付けられている世界で繰り広げられる復讐劇。 画面の芸術性が光ってます。ドールの目線は動かない、唇も閉じたまま。天上から糸が吊るされているのを視認できるのに、「誰かに動かされている」という印象をこちらに感じさせることなく「人形自身の意思で決断・行動している」という感覚になりました。 <ネタバレ> 私自身が、真の自由=体を捨てることだと考えていたのを前提に。 人形がボディを捨てると…。 鳥は神(人形を作った存在、とここでは仮定する)の支配下を抜けたということですよね。 人形が人形ではなくなり本物の生き物としてふたたび命を授かった。糸を操る神からの支配下は抜けることができたが、人形とはまた別の生命活動の限界がある制限ある自由を得た→人形の世界ではなく本物の生物がいる世界へと旅立った… …と考えて、このストリングスっていう映画は 「 どんな世界でも自分の目指す自由を得ていこうとすれば新しい世界が開けてくる ということ」伝えたかったのかな?と思いました。うーんむずかしい