パラダイス・ナウ

パラダイス・ナウ

Paradise Now
2005年製作 フランス・ドイツ・オランダ・パレスチナ 90分 2007年3月10日上映
rating 3.4 3.4
11 1

『パラダイス・ナウ』とは

パレスチナ自治区ナブルスで暮らす青年二人の自爆テロ決行までの48時間を描いた衝撃の問題作。監督はイスラエル、ナザレ出身のパレスチナ人であり、19歳でオランダに移住したハニ・アブ・アサド。代表作は『クーリエ 過去を運ぶ男(2011年)』、『オマールの壁(2013年)』など。主演は『ワールド・オブ・ライズ(2008年)』のカイス・ナーシェフと『ローン・サバイバー(2013年)』のアリ・スリマン。2006年第78回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、同年第63回ゴールデングローブ賞最優秀外国語映画賞を受賞している。

『パラダイス・ナウ』のあらすじ

イスラエル軍に包囲されたヨルダン川西岸北部の町ナブルス、人々は貧しさにあえぎ、時折ロケット弾が飛来する中、日常生活を送っていた。パレスチナ人の青年、サイード(カイ・ナシェフ)とハーレド(アリ・サリマン)は幼なじみ同士、彼らはこの地区の誰もが抱えている先の見えない不安に焦燥感を募らせていた。ある日、サイードは勤め先の自動車修理工場に車を持ってきた女性スーハ(ルブナ・アザバル)と知り合う。スーハは独立運動の英雄の娘で、モロッコから父の故郷であるナブルスにやってきた。スーハがサイードに惹かれ始めた矢先、パレスチナ過激派の自爆攻撃の実行役にサイードとハーレドが指名されるのであった。

『パラダイス・ナウ』のスタッフ・キャスト

『パラダイス・ナウ』の感想・評価・ネタバレ

  • Takahiro Hirota
    Takahiro Hirota 0 2015年1月24日

    自爆テロの話だったかな。これも要復習。

  • Tatu Lumi
    Tatu Lumi 3 2014年5月17日

    もう一捻り欲しい。主人公の信念が揺らがないで、周りが騒いでるという映画。

  • Tetsuya Taikei
    Tetsuya Taikei 3 2014年1月9日

    ゼミで鑑賞 映画で勉強するということに考えさせられる

『パラダイス・ナウ』に関連する作品