Gガール 破壊的な彼女

rating 3.1 3.1
22 5

「Gガール 破壊的な彼女」のスタッフ・キャスト

「Gガール 破壊的な彼女」の感想・評価・ネタバレ

  • Kae_Seki
    Kae_Seki 4 2月24日

    笑いのツボにヒットしてしまった! ちょっと下品でくだらない感じが好みな人にはヒットするのではないでしょうか。 ゲラゲラ笑いながらもユマサーマンの心の中を思って切なくなったり。 自立していて力のある女性ほど子供っぽかったりするの、傍目で見ている分には本当にキュート。関わりたくはない。

  • Masaki_Yoshikawa
    Masaki_Yoshikawa 3 2013年8月29日

    ベット壊れた~

  • tomoart
    tomoart 3.5 2012年7月31日

    普段は美術展の学芸員をしているジェニー(ユマ・サーマン)。しかし、いざとなれば弱きを助け、悪をくじく、その名はGガール!しかし彼女もお年頃。恋してキスしてセックスもしたい!という彼女を一人の気のいい男がナンパを仕掛けて来た。それからはトントン拍子に事が運び、下のお付き合いも順調と思われたのだが・・・・。 基本的におバカで下品なラブ・コメディ。対象は気のおけない男友達数人でガヤガヤ見るか、下品な冗談も一緒に笑い合えるだけの仲になっているアベック(死語)。 しかし、ユマ・サーマンはハマってた。Gガールとしての颯爽としたカッコ良さと、嫉妬に狂った時のいやらしさ、どっちもお似合い(笑)。 Gガールは要はスーパーウーマンなのだが、ステキなのは毎回コスチュームが変わるところ。アメコミヒーローとして考えると、どうしても決まったコスチュームをイメージしてしまうが、Gガールは黒ベースである事と、どこかにゴールドのGが入っている事のみが共通項で、後は様々。さながらファッションショーだ。 また、ユマ・サーマンの向こうを張って主人公を奪い合う関係になってしまう役のアンナ・ファリスもなかなかかわいくて良かった。 内容を下品と書いたが、男同士の下世話な会話と共にナイトライフも何度か出て来るが、ヌードシーンは全くと言っていいほどなく、いやらしいというより笑える演出がされていた。つまり「オトナ向け」のライトなコメディなのだ。分かっている人たちがクスクスニヤニヤ笑って見て、その後のディナーで映画ネタにして話を弾ませるような、そういう使い方をするのが一番あっている映画だと思う。 でも、そういうのって、日本ではほとんど理解されないんだよね・・・・(汗)。 http://tomoart.blog.so-net.ne.jp/2007-02-19-1