『エクステ』のスタッフ・キャスト

『エクステ』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 3 2017年7月24日

    園子温を続けて観ようということで、時期的に言うと、自殺サークルよりも後でだいたい愛のむきだしを撮った時らへんの現在でいうと中期にあたるだろうか。 ホラー映画として、僕自身は久しぶりに怖い思いをしたんだけどレビューを見る限り皆さんはそうでもないみたい。確かにちょっとコメディーの要素があったり、そうじゃなくてもやり過ぎ感はあるけど普通に怖かった。ホラー映画には慣れてるはずなのに、また違った怖さがあった。逆にジャパニーズホラー特有のものがなかったっていうのもある。 臓器売買のため、生きたまま臓器を取られた少女の呪いが髪の毛を使い襲いかかる。その美しい髪の毛を髪の毛フェチの狂人、山崎がエクステとして流通させ被害が拡大する。 ジャパニーズホラーらしからぬ部分としては、怖がらせ方とかそういう部分がメインなんだけど、それだけではなくコメディー要素があることや、虐待、主人公の姉妹仲、山崎という幽霊並みに怖い人間を描いたところにあると思う。ヘアーヘアーマイヘアーヘアーと歌う山崎の存在感は、それだけでも恐怖である。 主演の栗山千明が素敵で、今まで綺麗だけどキツイ印象があった自分としては、この映画での子供との向き合い方はかなり好印象で、好きな女優さんの1人になった。 髪の毛が襲いかかろうとするシーンは、気味悪いのと、グロさが相まって「うー、、、」と唸りながら観てた。 幽霊ではなく髪の毛が襲うという発想がそもそもジャパニーズホラーの大半とは異なり、そこに園子温の世界観が広がっていってるので、今後このような映画が出てくることはないだろうなと思う。 ただ、ただでさえ救いのないストーリーの中で、園子温らしくはないがハートフルなシーンがあることで完全にメンタルやられたりはしなかったけど、観てる間は園子温のことだし色々悪い方向に考えていってしまった。 この髪の毛の量、どうやって仕入れてどうやって撮影したんだろう、、、。

  • Aki

    コメディ?

  • サキイカ
    サキイカ 2 2015年1月24日

    笑いしかない。栗山千秋はやはり可愛い

『エクステ』に関連する作品