幸せのちから
幸せのちから
The Pursuit of Happyness
2006年製作 アメリカ 117分 2007年1月27日上映
rating 3.6 3.6
571 50

『幸せのちから 』の感想・評価・ネタバレ

  • けんしろー
    けんしろー 4 2018年7月20日

    1980年代。セールスマンのクリスは妻と子の三人家族だが家賃も払えずどん底の生活。やがて妻は出て行き、全財産が21ドルで子と暮らす。クリスは自分の才能を信じて一流証券会社へ入社するが6カ月無給のインターンを受けなければならなかった。幸福何ともいい言葉ですね。クリスの採用後の涙目が印象的でした。

  • 森本航洋
    森本航洋 5 2017年9月13日

    需要皆無の謎の機械のセールスでしか稼ぎがない貧困セールスマンが一人の息子のために地獄を這いつくばりながら生活していく話。 愛する息子を幸せにするために、大企業の見習い生として半年間無給の仕事を始める。倍率は20倍で不採用になればこれまでの努力は水の泡。半年間を繋ぐ生活費は謎の機械のセールス。そんな中押し寄せる社会の容赦ない制裁(税金や駐禁の支払い…) やがてホームレスになり、汚い教会や駅の公衆便所で一夜を過ごしたり、地獄の生活は終わらない。 それでも弱音一つ吐かずに懸命に息子を守る主人公。そして、子供なりに親の努力を見守る息子。 全ての日常がリアルで生々しくて息苦しい。けど、最後は最高のハッピーエンド。 努力は必ず報われるというやつでしょうか。こういう愛だけで生きる男の話とかめっちゃ好きです笑 実話らしいです。

  • だ

    仕事を得ること

  • syn490

    実話なのでなんとも言えないが、期待を上回ることはなかった。

  • Kochinchan
    Kochinchan 3 2015年12月1日

    よかったでも悲しい

  • Yasunori Matsuo
    Yasunori Matsuo 5 2015年11月26日

    20151115

  • HEROHALU

    記録用

  • chiho

    お金ない時、子供へ影響が見ていてつらかった。胸が苦しくなる思いを何度もしました。 子ども自身も状況を理解し賢く振る舞おうとするのがまた切なかったです。 最後は成功してハッピーエンドなのは、とても良かったです。 仕事を手に入れる事がどれたけ大変か。採用が決まったときは泣けました。 こういう働きたくても仕事が見つからなかったり、大変な仕事だったりするのを見ていると、自分も目の前の仕事、必死で頑張らないとなぁと思います。

  • Hiro

    お父さん強いなぁ

  • Tsugu

    スッキリするいい話だった。ウィルスミスの息子が可愛すぎる。

  • おーば
    おーば 4 2015年5月18日

    本当の親子なんですね!トイレのシーン感動!

  • Sayaka  Toda
    Sayaka Toda 4 2015年5月17日

    頑張っても頑張っても空回りなお父さん。でも、息子と暮らすために遮二無二がんばる。受話器を置く時間ももったいない! お母さんがいなくて寂しいし、もっとワガママ言いたいけど、お父さんが大好きだから我慢我慢の息子。ロボ落としちゃって超ショックだけど! 試験に合格して採用が決まったとき、ウィル・スミスと一緒に涙が出ちゃう。 何度観ても素敵な作品。

  • ちぃ

    やばい! 超感動した!! クリストファーが子どもなのに いろいろ分かろうとしたりとか、子どものために頑張るガードナーが本当に素敵だった。 最後、選ばれた時鳥肌立った。 素敵な話。またみよーっと!

  • まろーんまーず
    まろーんまーず 3 2015年5月2日

    うまくいかんと何もかもうまくいかんような気がする。それは生活の中で自分もかんじるときがあるなーこれから先どすればええんかわからんときとか…最初観ていると辛かったけど、最後は嬉しかったなー! あと、この映画を通じてこのような生活をしている人が実際にいることを忘れてはいけないと思いましたね、本当に。

  • SN

    昔金曜ロードショーで見た 子供にもいろいろなことを感じさせる映画だった

  • 奥         谷

    辛いことがおおいけど、二人が笑顔を忘れないで頑張っている姿は心を打たれる。心暖まる。

  • AI Kitamura
    AI Kitamura 3 2015年3月16日

    ウィルはコメディのほうがいい

  • Tanaka_Hirofumi
    Tanaka_Hirofumi 4 2015年3月7日

    踏まれたり蹴られたり泣きっ面を刺されたり、忙しく困難に襲われるさまがとてもリアルでした。 ウィルスミスも単純にポジティブバカみたいな役ではなく、カリカリしたり当たり散らしたり怒鳴ったり その余裕のなさがまたリアルで貧しさがいかに人を打ちのめすかということを考えさせられる でも結局めげないで動くしかないし、人生嘆いてる暇なんてないのだ この人は本当にめったない幸運を掴んだ人と思うが、その幸運を招き寄せ、最後に自分のところまで引っ張りこんだのは心の強さと努力の賜物にちがいない 幸福はpursuitしてこそ得られるものってことですね

  • Kanako Sakuma
    Kanako Sakuma 3 2015年2月18日

    これもノンフィクション?こんな逆転劇なら頑張ってみたい。逆境に負けないパパにホロっときます。

  • Riho  Kasahara
    Riho Kasahara 0 2015年2月5日

    だいぶ前に話題になってたな〜 実話に基づいてるからかもしれないけど、なんというか、必ずしもお父さんが正義ではない気がしたよ私は。。 ウィルスミス、はしるはしる