ブラック・ダリア

ブラック・ダリア

The Black Dahlia
2006年製作 アメリカ 121分 2006年10月14日上映
rating 2.8 2.8
77 6

『ブラック・ダリア』とは

1947年に実際に起きたブラック・ダリア事件を題材にしたジェイムズ・エルロイの同名小説を原作としたクライムサスペンス映画である。女優の卵が胴の部分で二つに切断された死体となって発見され、事件を追う刑事が捜査を進めるうちに狂気に満ちた闇の世界に足を踏み入れていく。監督は『キャリー』のブライアン・デ・パルマ。出演は『ブラックホーク・ダウン』のジョシュ・ハートネット、『マッチポイント』のスカーレット・ヨハンソン、『サンキュー・スモーキング』のアーロン・エッカート。

『ブラック・ダリア』のあらすじ

ロサンジェルス市警に配属されているバッキーとリーは元ボクサー。特捜課に配属されパートナーとなった二人は多くの手柄をあげ、仕事帰りにはリーの家に寄り、リーの恋人ケイを含めた3人で過ごしていた。そんな中、凶悪犯ナッシュの張り込みをしている最中に銃撃戦となり、リーの情報屋フィッチが撃たれて死亡。そしてすぐ側で、女性の惨殺死体が見つかった。被害者の名前はエリザベス・アン・ショート。女優志望だった彼女は映画のタイトルをもじって「ブラック・ダリア」と呼ばれ大きく報じられた。リーは死体を見てからというものダリアの事件に熱を上げ、バッキーのナッシュを追うべきだという主張も聞き入れずダリアにのめり込んで行くのだが……。

『ブラック・ダリア』のスタッフ・キャスト

『ブラック・ダリア』の感想・評価・ネタバレ

『ブラック・ダリア』に関連する作品