アザーライフ

アザーライフ

2006年製作 日本 107分 2006年10月28日上映
rating 0 -
0 0

『アザーライフ』とは

監督の赤地義洋が脚本、プロデューサーを手掛けたミステリー作品。赤地は現役のサラリーマンでもある。何の接点もなく人生を送っていた12人の男女が運命に導かれるように近づき、そして複雑に絡み合っていく。主演はサスペンス、悪役そしてコメディータッチの役まで幅広く活躍する演技派俳優の遠藤憲一。

『アザーライフ』のあらすじ

大手企業に勤める大杉は38歳の若さで大手商社の経営を手掛けるやり手サラリーマン。傍目には順風満帆に見えている大杉だが、実は最愛の娘遥を亡くし茫然自失の毎日を送っていた。また妻の葵も友則という男と不倫中で、1年以内に友則と一緒になりたいと企んでいた。ある日車の中から遥にそっくりの女性を見かけ思わず後をつける。彼女はマキという名の娼婦だった。大杉は思わずマキに父親のような態度を取り、その場は別れる。葵は不倫相手と一緒になるため大杉を自動車事故に見せかけて殺そうとするが、失敗。車を降りた大杉は先日マキに会った場所に行くと、偶然マキと再会する。マキは両親がおらず叱られた経験がないため、先日の大杉の言葉が嬉しかったという。次第に二人は心を通わせるようになる。

『アザーライフ』のスタッフ・キャスト

『アザーライフ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『アザーライフ』に関連する作品