マイアミ・バイス

マイアミ・バイス

Miami Vice
2006年製作 アメリカ 132分 2006年9月2日上映
rating 3.2 3.2
88 3

『マイアミ・バイス』とは

1984年から1989年にかけてアメリカで放送された大ヒット刑事ドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』を映画化。テレビシリーズの製作総指揮、脚本を担当していた『ヒート』のマイケル・マンが監督、脚本を務めている。アメリカ・マイアミを舞台に、巨大麻薬密輸組織に潜入捜査を行う刑事コンビをスタイリッシュに描いている。出演は『アレキサンダー』のコリン・ファレル、『コラテラル』のジェイミー・フォックス、『SAYURI』のコン・リーほか。

『マイアミ・バイス』のあらすじ

マイアミ・デイド警察特捜課に所属するソニー・クロケットとリカルド・タブスは売春組織の捜査中に半年ほど連絡を取っていなかった情報屋アロンゾから助けを求める電話を受ける。そして、アロンゾはあるおとり捜査に協力し、白人至上主義者のドラッグディーラーとFBI捜査官を引き合わせたのだが、捜査官の情報が相手に漏れていた。ドラッグディーラーと顔合わせを行っていたFBI捜査官3名は死亡、拉致されていたアロンゾの妻は殺害され、妻の死を知ったアロンゾはソニーとリカルドの目の前で自殺。FBI捜査官のフジマは合同捜査に参加している機関から情報が漏洩している可能性があると判断し、合同捜査に参加していないソニーとリカルドに麻薬の運び屋として潜入し、情報漏洩ルートを突き止めるよう依頼する。

『マイアミ・バイス』のスタッフ・キャスト

『マイアミ・バイス』の感想・評価・ネタバレ

『マイアミ・バイス』に関連する作品