海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ

海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ

rating 0 -
0 0

『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』とは

テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ(1974年~)は、プロデューサー西崎義展、監督、絵コンテ、美術、設定デザイン松本零士、演出石黒昇、松本原案を元にしたキャラクターデザイン岡迫亘弘で制作された。本作品は上記作品を原作として、日本SF作家クラブ会員でもある佐藤嗣麻子が脚本を、後に佐藤の夫となった山崎貴が監督を務めた。中学生の頃に観た、映画「スター・ウォーズ」『未知との遭遇』がきっかけで特撮の世界を志した山崎が、得意のVFXを用い宇宙空間での戦いを実写版で再現している。主演は自らも原作ファンを公言している木村拓哉。

『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』のあらすじ

時は西暦2199年、地球は存亡の危機を迎えていた。異星人ガミラスによって壊滅的な攻撃を受ける真っ最中。地球上の自然は破壊され、生命体の多くが消失。生き残った者たちが築いた最後の砦の地下空間までもが放射能によって汚染されていた。人類滅亡までのタイムリミットはあと1年、地球防衛軍に地球の運命は託される。しかし最終決戦に挑んだ地球防衛軍は、沖田十三艦長の艦船を残して全滅。一方この戦いで兄の古代守を亡くした進は、高度に発達した惑星イスカンダルから送られたカプセルを手に入れる。その中には、地球を救うヒントが。イスカンダルへ向かうべく宇宙戦艦ヤマトに乗り込む進たち。

『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』のスタッフ・キャスト

『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『海と夕陽と彼女の涙 ストロベリーフィールズ』に関連する作品