劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

2006年製作 日本 66分 2006年8月5日上映
rating 3.4 3.4
6 0

『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』とは

『仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』はテレビドラマ仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーカブト』の劇場版で、仮面ライダー生誕35周年の節目を飾る作品。監督はテレビシリーズの『仮面ライダーカブト』も担当した石田秀範。脚本は、これまでの平成仮面ライダーシリーズ劇場版で担当してきた井上敏樹に代わり、テレビシリーズのメインライターである米村正二が執筆した。本作では黄金の仮面ライダーと仮面ライダーカブトが、シリーズ史上初となる宇宙空間でのバトルを展開する。なお、同時上映は『轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス』。

『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』のあらすじ

1999年、巨大隕石が地球に落下した。その衝撃で海が干上がり、同時に隕石から地球外生命体であるワームが出現し地球に侵入してしまう。ワームは人間に擬態しながら人間社会に潜み侵食していく。そこで人類はワームへの対抗組織として秘密機関ZECTを設立しマスクドライダー・システムを開発。仮面ライダーはワームのもとへ投入され闘いが始まった。それから7年後、ゼクトの反乱分子であるネオゼクトが誕生した。そして戦況はゼクト対ネオゼクト対ワームという三つ巴の対決に発展するのだった。時を同じくして、ゼクトでは巨大彗星接近の情報を得ていた。この彗星を利用すれば干上がった海に莫大な水を取り戻せるかもしれない。そこでゼクトは、天空の梯子と呼ばれる軌道エレベータによる「天空の梯子計画」を進めるが、ネオゼクトがこの計画を乗っ取ろうと謀る。そしてついに対立した二つの組織で仮面ライダー同士の激闘がはじまる。

『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』のスタッフ・キャスト

『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』の感想・評価・ネタバレ

『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』に関連する作品