パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
Pirates Of The Caribbean: Dead Man's Chest
2006年製作 アメリカ 151分 2006年7月22日上映
rating 3.6 3.6
817 7

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の映画記録用(ネタバレ有り)の感想・評価・ネタバレ

映画記録用(ネタバレ有り)
映画記録用(ネタバレ有り) 4 2014年6月30日

映画館 本作では前作よりもアクションが見所になっていると思う。前作では不死身の海賊をいかにして倒すかというところが見所であった。今回はチェストを巡り三つ巴のバトルが繰り広げられる。ジャングルでのジャック、ウィル、トリントンのバトルはまさに見もの。チェストの鍵を盗り盗られ、その一方でジョーンズの部下やエリザベス、ピンテルラゲッテイのチェスト争奪が観ていてハラハラドキドキの展開だ。 今回からの新キャラクターでディヴィージョーンズがいる。こいつのデザインがかなりかっこいい。男の子なら惚れるのは間違いない。このシリーズは悪役が魅力的だな。 悪役といえば、ラストでのサプライズ。バルボッサ復活の衝撃。これは嬉しかった。 ジャックのあのフラフラとした歩き方や飄々とした仕草は実はこの2から意識しているように思う。前作を見返してみたら意外にしっかり歩いていた。特に2からはジャックがメインの主人公で冒頭から元気に動き回る。(1はどちらかというとウィルがメインであったようにおもう)そのおかげで特徴的な動きが印象深く残ったのであろう。