はちみつとくろーばー

はちみつとくろーばー

2006年製作 日本 103分 2006年7月22日上映
rating 3 3
270 15

『はちみつとくろーばー』とは

第27回講談社漫画賞少女部門を受賞し、累計発行部数780万部を突破した羽海野チカの人気漫画を、CMディレクターとして活躍する高田雅博が映画化。美大生の一方通行な恋心と互いの才能に揺れる様子を、それぞれの大学生活を通して描く。 主演を務めるのはアイドルグループ「嵐」の櫻井翔と『100万円と苦虫女』で主演を務めた蒼井優。共演には伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみらが名を連ねる。 また、劇中で主人公らが通う浜田山美術大学は武蔵野美術大学がモデルとなっている。

『はちみつとくろーばー』のあらすじ

浜田山美術大学建築学科の竹本祐太は、上京して2年目の春を迎えた。 ある日、竹本は同学科の先輩・真山巧、陶芸学科の山田あゆみと共に美術史講師・花森修二の自宅で開かれる通称・花森会に参加する。参加者全員が集まり、乾杯のビールが足りなくなったことに気づいた竹本は、真山と2階の冷蔵庫に積んであるビールを取りに行くことに。そして、その途中で熱心にキャンバスに筆を叩きるける少女・花森はぐみに出会う。一瞬で彼女に恋をした竹本だが、後日、日本画学科8年の天才・森田忍も彼女に一目惚れしてしまう。 一方、山田は真山に片思い中。しかし、真山は花森の紹介で勤めている建築デザイン事務所の代表・原田理花に恋をし、ストーカー行為やめられずにいた......。

『はちみつとくろーばー』のスタッフ・キャスト

『はちみつとくろーばー』の感想・評価・ネタバレ

  • あ

    美大ってこんな感じなのかー!と期待に胸を膨らませながら、受験前のモチベーションが下がった時に何度も見ていた大切な映画。 登場人物がみんな片思いで、それでも少しずつ惹かれて行く天才肌のはぐちゃん(蒼井優)と森田さん(伊勢谷友介)がくっつきそうでくつっかなくて。観ていてとてももどかしいけれど、あのキラキラした感じがとても大好きでした。そして、芸大出身とだけあって伊勢谷友介が実際に描く絵がお上手。それだけじゃない、伊勢谷さんが木を削って行く姿も車を運転する姿も美しく、伊勢谷友介がお好きな方には眼福です。 あの爽やかな雰囲気の中、どこか変わってる登場人物たちが繰り広げる日常が堪らなく好きでした。それも彩る音楽や小物も、可愛い。 ただ、実際に美大に入ってみて、映画と校舎は全く同じだけれど、ハチクロみたいな青春ラブストーリーは未だ嘗てみたことはありません。なので、今もなお高校生の頃と同じ様に私の中でハチクロは憧れで、いつも少し自分にキラキラした気持ちを分けてくれる作品です。

  • Sa Ku

    高校のときからずっと観ている映画。何回も観ている映画。それぐらいお気に入りだ。原作も好きだが原作に負けないぐらいの出来じゃないかと思っている。 空気感や服装、画面の色合い、キャストなどすべて含めて好きだ。 また観たくなる映画。

  • Naomi Goto
    Naomi Goto 2 2015年11月30日

    いい役者さんがたくさんでてたのね。ざ青春。

『はちみつとくろーばー』に関連する作品