ママが泣いた日

rating 3.1 3.1
7 0

「ママが泣いた日」のスタッフ・キャスト

「ママが泣いた日」の感想・評価・ネタバレ

  • Kanae_Ohata
    Kanae_Ohata 3 2013年10月14日

    意外な展開

  • tora404
    tora404 3.5 2013年6月4日

    あらすじ。父親が駆け落ちして失踪。母怒り爆発、子供達はそれに油を注ぐ最後はお、おうよかったね。 まぁ何が酷いっていうとまずタイトル。ちょっと映画の内容と離れすぎじゃないのかと思うくらい。 母が泣いた日といえばそうなんだけど映画のテーマが怒りだとか憎しみみたいなものなのでこれはちょっと違うかなと。原題はTHE UPSIDE OF ANGERだからね。 怒りとか憎しみというテーマだけど暗い映画っていうわけではない。4姉妹がなかなかかわいい。かわいいといいながら誰が誰だかいまいち理解できなかった自分は酷い。 いや、外国の女性は化粧したり髪型変わったら全然わからなくなるやん。 で、母は父が駆け落ち失踪して酒浸りになって些細なことにも怒り爆発で、あ、母怒りのアフガンとかの方がまだよかったかもねタイトル。人をゴミのように殺したりはしないけど怒ってる感じがあるやん。 で、まぁ母が怒るのは理解できるけど、4姉妹が酷い。酷くない子もいるけど、傷心した母に対してあまりにも酷い。 ちょっとネタバレになるけど、大学の卒業式にこの人彼氏。子供出来たから結婚するね!相手の良心は了承済みなの!とか、酷すぎる。 もし僕がこの母だったら刺し違えてでも2人共刺す。それはあんまりだけど、最低でもその場で2人共ボコボコにする。 イライラしすぎて途中で見るのやめようかと思ったくらいだけど、あ、この映画のテーマは怒りなんだ、そうか見ている人にも怒りをなんて思ったり思わなかったりしているうちに最後。 こんな感じのクズ行為を姉妹から受けながら話は進んでおぉ、そうだったのかという少しばかり意外な事実がわかるんだけど、よくよく考えると母も酷いなという結論に至ると思う。多分見た人殆どがそう思うんじゃないかな。 色々酷い映画だったけれど、まぁこれはこれでありかもなと思えるようなラストでした。無理やりまとめたったという感じが否めないけど。 わりとゆったりした話が好きな人にはおすすめできます。短気な人にはおすすめできない。色々酷いことに目を瞑れるおおらかな人向きの映画ではなかろうか。私はこういう映画すきだぜ。 あ、そうそう酷いといえば映画観終わった後にキャストみたら主人公の恋人役がケビン・コスナーだった。全然気付かなかった。僕も酷いなと思った。