DEATH NOTE デスノート

DEATH NOTE デスノート

2006年製作 日本 126分 2006年6月17日上映
rating 3.3 3.3
642 3

『DEATH NOTE デスノート』とは

「週刊少年ジャンプ」連載の大場つぐみと小畑健原作の大人気同名コミックを実写化。監督は、『恋に唄えば♪』(2002年)の金子修介。そして『マッスルヒート』(2002年)の大石哲也が脚本を執筆し、『間宮兄弟』(2006年)の高瀬比呂志が撮影を担当した。 主人公の夜神月を演技派俳優の藤原竜也が演じ、そのライバル・竜崎「L」を注目俳優の松山ケンイチが演じた。その他に戸田恵梨香、瀬戸朝香、香椎由宇、細川秀樹らが共演。中村獅童が死神リュークの声で出演している。

『DEATH NOTE デスノート』のあらすじ

刑事部長の息子である夜神月(藤原竜也)は、ゴミ捨て場に置かれた怪しい黒いノートを拾う。家に帰り、そのノートを取り出すと、表紙には「DEATH NOTE」と表記されていた。表紙をめくると、そこにはノートのルールが記載されており、ノート名前を書かれた人間が死んでしまうと書かれていた。月は、半信半疑でノートに犯罪者の名前を書き込むと、ニュース速報でその犯罪者が死んだことを知る。これを機に、月は世の中の犯罪者の名前を次々とノートに書き闇に葬り始める。 やがて、犯罪者たちを葬られる現象に気がついた人々は「救世主キラ」と崇め始める。その一方で、警察組織はキラを連続殺人とし調査を始めるのだった。そこに、送り込まれたのが様々な世界の難事件を解決してきた探偵のL(松山ケンイチ)。名探偵Lは、キラが東京にいると推測し着実に月の近くまで迫ってくる。そしてついに、デスノートを持つキラと警察を動かすことの出来るLの頭脳派同士の戦いが始まる......。

『DEATH NOTE デスノート』のスタッフ・キャスト

『DEATH NOTE デスノート』の感想・評価・ネタバレ

  • marvel2701
    marvel2701 5 2017年4月10日

    最高

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 3 2016年11月4日

    デスノート最新作の鑑賞のため 今さら観た。あまりにも有名な作品故に さすがに概要は知っていたけれど実はこれが初鑑賞の私。 まず思ったのは夜神月とLのキャスティング。これを神キャスティングと言わずして何と言うのか、というほど藤原竜也と松山ケンイチがいい。原作未読なのでオリジナルのキャラに忠実か否かはわからないけど、この2人の役は デスノートというアイデアに負けない特異なオーラを醸し出せることが必要条件。強過ぎる正義感が災いし、法で裁くことのできない犯罪者や司法の限界に怒りを募らせ、徐々に歪んだ正義感の中に溺れていく月。いつもお菓子を食べ、膝を曲げて胸に抱え込むような姿勢で椅子に座るその見た目からは想像できない頭脳を持ち、世界の警察権力の「最後の切り札」ともいわれるL。リアルな日常系ドラマなら浮いてしまうセリフでも 無理なく衒いなくサラリと発する潔さ。舞台を思わせる ややオーバーアクションの所作も「デスノート」にはむしろピタリとハマる。 2人の天才の頭脳戦は純粋におもしろく、現実離れした世界観に観客をいとも簡単に誘い引き込む。相手の出方を先読みし、時には挑発しながら裏をかき、そのまた裏をかこうとする。そして、そんなエンタメ性の強いストーリーの中にも、人間が陥りがちな闇を描き出していることが素晴らしい。多くの人が一度は感じたことがあるであろう司法の限界や 正規の法律では裁ききれない悪に対する遣り切れない気持ち。その暴走という、極めて人間らしい過ちを独特なテイストで仕上げている点も本作の魅力を引き上げることに一役かっている。 原作を知らない鑑賞者に、原作を読んでみようというモチベーションを持たせることができるという時点で、映画としての一つの成功を収めていると言えると思う。まずは続編を観て、最新作と原作を観たい。

  • Riho  Kasahara
    Riho Kasahara 2 2016年8月2日

    池松の秋にむけて、復習。 映画はいつ見たか記憶があいまいだったけど、ドラマを去年見てたのでストーリー思い出しやすかった。 てか、ミサミサはこの映画には殆ど出ないのか。二部作だということを忘れていた。

『DEATH NOTE デスノート』に関連する作品