DEATH NOTE デスノート

DEATH NOTE デスノート

2006年製作 日本 126分 2006年6月17日上映
rating 3.3 3.3
649 3

『DEATH NOTE デスノート』とは

「週刊少年ジャンプ」連載の大場つぐみと小畑健原作の大人気同名コミックを実写化。監督は、『恋に唄えば♪』(2002年)の金子修介。そして『マッスルヒート』(2002年)の大石哲也が脚本を執筆し、『間宮兄弟』(2006年)の高瀬比呂志が撮影を担当した。 主人公の夜神月を演技派俳優の藤原竜也が演じ、そのライバル・竜崎「L」を注目俳優の松山ケンイチが演じた。その他に戸田恵梨香、瀬戸朝香、香椎由宇、細川秀樹らが共演。中村獅童が死神リュークの声で出演している。

『DEATH NOTE デスノート』のあらすじ

刑事部長の息子である夜神月(藤原竜也)は、ゴミ捨て場に置かれた怪しい黒いノートを拾う。家に帰り、そのノートを取り出すと、表紙には「DEATH NOTE」と表記されていた。表紙をめくると、そこにはノートのルールが記載されており、ノート名前を書かれた人間が死んでしまうと書かれていた。月は、半信半疑でノートに犯罪者の名前を書き込むと、ニュース速報でその犯罪者が死んだことを知る。これを機に、月は世の中の犯罪者の名前を次々とノートに書き闇に葬り始める。 やがて、犯罪者たちを葬られる現象に気がついた人々は「救世主キラ」と崇め始める。その一方で、警察組織はキラを連続殺人とし調査を始めるのだった。そこに、送り込まれたのが様々な世界の難事件を解決してきた探偵のL(松山ケンイチ)。名探偵Lは、キラが東京にいると推測し着実に月の近くまで迫ってくる。そしてついに、デスノートを持つキラと警察を動かすことの出来るLの頭脳派同士の戦いが始まる......。

『DEATH NOTE デスノート』のスタッフ・キャスト

『DEATH NOTE デスノート』の感想・評価・ネタバレ

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 3 18日前

    2019年 56本目 huluにて鑑賞

  • あんぱん
    あんぱん 3 7月9日

    普通に良かった。漫画にも忠実だし、実写にするとこんな感じになるなというイメージ通りでした。

  • marvel2701
    marvel2701 5 2017年4月11日

    最高

『DEATH NOTE デスノート』に関連する作品