君とボクの虹色の世界
君とボクの虹色の世界
ME AND YOU AND EVERYONE WE KNOW
アメリカ 2006年4月8日上映
rating 3.3 3.3
24 23

『君とボクの虹色の世界』の感想・評価・ネタバレ

  • Moto Ishiduka
    Moto Ishiduka 4 2015年9月10日

    パフォーマンスアーティストのミランダ・ジュライの主演監督作品。ちょっとあれ?って、ちょっとおかしい?って、たぶんみんな観たら思うと思う。なんかずれてて、でもそれが心地よくて、面白かった。男と女が題材なんだけど、すごい不思議な世界でそんでもって可愛い下品なの。この表現けっこうあってると思うな〜。だってお兄ちゃんのマネしてちっちゃい弟がエロチャットやっちゃうんだよ?しかもそんなお兄ちゃんは近所に住むちょっとヤンキーっぽい女の子2人にどっちがクチでアレするのが上手いか実験台にさせられちゃうんだよ?なんだこれ、、不思議にもほどがある、、でも観終わったらなんだかちょっとすっきりするの。ぜひこの感じ味わってほしい。

  • yukakurobe
    yukakurobe 3 2015年4月23日

    『君とボクの虹色の世界』鑑賞。チャーミングな作品。こうゆう変わった人クラスに一人くらいいるよねって感じの人たちを集めて繋げた感じ。大きな事件がある訳でもなくただ、続いていく作品なのだけど芸術性とユーモアで飽きさせない。良い。

  • RiN

    わたしには主人公が誰なのかいまいちわからなかったのだけど、一応彼女なのかな。 ミシェル・ゴンドリーのような、かわいくてシュールでどこかズレた色彩とファンタジーの世界観。全編ミュージック・ヴィデオのようで、ぶっちゃけ疲れます。 キャラクターの濃さも監督・主演のミランダ・ジュライの持ち味。そして監督が女性だからこそ、女子のイタいところ、しんどいところ、どうしようもなさ、みたいなのをスタイリッシュに描いてるところ、小気味良くて素敵でした。

  • イワ

    登場人物にまるで共感できなかった。多少ではなくて作品をまるで楽しめないレベルで共感できなかった。

  • Satoko Suzuki
    Satoko Suzuki 4 2014年2月24日

    さすが新進アーティスト!な素敵世界。 色彩がとっても綺麗。 主人公の移ろう気持ちも、女子はみんな「わかるー」ってなっちゃうと思います。

  • ime_cine
    ime_cine 3 2013年2月25日

    ミランダ・ジュライって監督も主演もする女性作家がいると聞いて。 ミシェルゴンドリーの映画をもっと可愛く残酷にした女性目線の作品って感じでした。 (女性監督ってなんで綺麗な人が多いんだろう。。。) 無理なストーリー展開じゃなく、自分の遠い記憶に介入してきて無理矢理結びつけられる感覚。そこまで大きな出来事が起きないのも味△▲

  • wiggling
    wiggling 0 2013年2月5日

    セルDVDにて。新作『ザ・フューチャー』が話題のミランダ・ジュライ、2005年の長編デビュー作。何度観ても持って行かれる魔法のような作品。小さなエピソードを集めて一本にした摩訶不思議な物語。才気走ってるというか、紛れもない天才の仕業ですな。音楽も最高。このAAを初めて見た時の衝撃は一生忘れないと思う→ ))<>((

  • Murmurofsilent
    Murmurofsilent 3 2012年10月8日

    チャンネル銀河 ストーリー★2 映像★4 音楽★3 キャスト★4 満足度★3.5

  • 00koarikui3
    00koarikui3 0 2011年8月6日

    ★★★★☆