アンダーワールド:エボリューション

アンダーワールド:エボリューション

Underworld: Evolution
2006年製作 アメリカ 106分 2006年4月22日上映
rating 3.3 3.3
70 3

『アンダーワールド:エボリューション』とは

ヴァンパイア族(吸血鬼)とライカン族(狼人間)の抗争を描いたダーク・ファンタジー・アクション『アンダーワールド』の続編。前作の結末をうけて、両種族から付け狙われるようになってしまった女性ヴァンパイア戦士と元人間男性がそれぞれの種族誕生の秘密に迫り、死闘を繰り広げる。監督は前作に引き続きレン・ワイズマンが担当。キャストも前作同様で、美しいヴァンパイア戦士をケイト・ベッキンセイルが、その恋人をスコット・スピードマンが演じている。

『アンダーワールド:エボリューション』のあらすじ

自分の家族を皆殺しにしたライカン族に復讐するため、処刑人の道を選んだ女性ヴァンパイアのセリーン(ケイト・ベッキンセイル)だったが、虐殺に手を下したのは一族の長老ビクター(ビル・ナイ)だったと知り、彼女はビクターの命を奪って仇討ちを果たす。しかし、それを境に身内のヴァンパイア族からも追われる羽目に。今、彼女が心を許せる唯一の味方は恋人のマイケル(スコット・スピードマン)だけなのに、彼はヴァンパイアとライカンの混血種になった事実からまだ目を背けているようだった。そんな二人の過酷な逃避行と戦闘の最中、両種族創世の裏に隠された秘密が明かされていく……。

『アンダーワールド:エボリューション』のスタッフ・キャスト

『アンダーワールド:エボリューション』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika
    Erika 3 4月27日

    なかなか勢いに乗ってる。 前作同様クールな雰囲気が魅力的で人気シリーズっぽくなってきた感じ。描写が多少過激なところもあるので大人向けではあるけど次回作も楽しみ。

  • 保津稔
    保津稔 3 2016年11月19日

    1と続けて見るとなかなか見応えあり。話は至ってシンプルなダークファンタジーで、素直に楽しめる。アクション、CGも結構すごい。好き。

  • HEROHALU
    HEROHALU 2 2015年11月3日

    記録用

『アンダーワールド:エボリューション』に関連する作品