『TAKESHIS'』とは

北野武監督12番目の映画作品。ヴェネツィア国際映画祭での予告なしサプライズ上映が話題に。脚本、演出、主演も北野が務める。ふたりのタケシが出会い、互いの日常が入り乱れていくような混とんとしたストーリーに戸惑う観客も多く賛否の分かれる作品となった。北野自身も、多くの人には理解されないだろうという趣旨の感想を述べている。難解な作品だけに、興行的には難しいことはわかっていたのでは、という問いに、当時の事務所社長の森氏は、次のステップのためには乗り越えなければいけなかった作品、という旨の回答を寄せている。北野が不調な時期に作られたという本作品。難しい構成の中に、当時北野が抱えていた苦しみ、葛藤が見えてくるかもしれない。

『TAKESHIS'』のあらすじ

大物芸能人、売れっ子映画監督など様々な顔を持ち、地位も名誉も金も女もすべてを持つ大スターのビートたけし。一方、たけしにそっくりな外見の北野は、まるで売れない役者。ビートたけしのようなビッグスターになりたいと夢見てオーディションを受けるものの当然のように落ち続ける。中年になった今でもコンビニのアルバイトで生活する有様だった。ある日北野は楽屋で憧れのビートたけしと遭遇する。このことがきっかけで、ビートたけし監督映画の世界に引きずり込まれてしまう。たけしか北野か、夢か現か、幻か現実か、主体か客体か。混とんと、バイオレンスのなか、物語は進行していく。

『TAKESHIS'』のスタッフ・キャスト

『TAKESHIS'』の感想・評価・ネタバレ

  • こばやし
    こばやし 0 2015年1月8日

    評価なし

  • Kenji Aoki
    Kenji Aoki 0 2014年10月14日

    ・2014.10.12 ・そっくりな二人のたけし。 ・正直意味不明だったため、途中で解説サイトを見てしまった。 ・途中にしょっちゅうあるコントみたいなシーンは本当に不要。 ・もう二度と見ないと思う。

  • Shoji Ishii
    Shoji Ishii 1 2014年6月28日

    なに?アート?哲学? やりたいようにやって、好き勝手に撮った、評価なんて、どーでもいいよ。 って感じをビシビシきかしてる。 これが全国放映だもんな。すげーや。 決して悪い意味ではなく。 まぁ俺はリピートしないわ。

『TAKESHIS'』に関連する作品