シン・シティ

シン・シティ

Sin City
2005年製作 アメリカ 124分 2005年10月1日上映
rating 3.4 3.4
198 17

『シン・シティ』とは

犯罪が蔓延する街”シン・シティ“に生きる3人の男たちのそれぞれの愛と復讐の物語を、斬新な映像と超過激暴力描写で描く、全く新しいクライム・アクション。映画化を頑なに固辞していた原作コミック生みの親フランク・ミラーが、最新デジタル技術とアナログ手法の融合に長けた鬼才ロバート・ロドリゲス監督とタッグを組み、自らもメガホンを取り映画化した。ロドリゲスの盟友クエンティン・タランティーノも特別監督として参戦している。オムニバス形式で進む物語のキーとなる3人の男を演じるのは、ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン。その他ジェシカ・アルバ、ベニシオ・デル・トロ、イライジャ・ウッド他豪華俳優陣が、それぞれ強烈なキャラクターを嬉々として演じている。

『シン・シティ』のあらすじ

凶悪な犯罪が跋扈する街、通称”シン・シティ“。今日もまた、闇にまぎれ3人の男が、それぞれの目論みを胸に夜の街を彷徨う。その粗暴な性格と目を背けたくなる傷跡が残る容姿で誰からも相手にされない大男マーヴは仮出所中。娼婦のゴールディと一夜を共にし、確かに彼女の愛に触れたマーヴだったが、翌朝彼女は殺されていた。罪を着せられたマーヴは、復讐を晴らすべく街に出る。一方、罪深い過去を持つ男ドワイトは、恋人につきまとうジャッキー・ボーイを実力で追い払うが、実は暗黒街を牛耳っていた汚職警官だったジャッキー・ボーイはドワイトのかつての恋人ゲイルが経営する娼館に乗り込んだ際に殺される。暗黒街のパワーバランスが崩れ、勢力抗争が勃発。ドワイトもその身を巻き込まれる。片や同じ警官でも長年を勤め上げ今日で引退となる老刑事ハーディガンは、その日遂に変質殺人鬼ロアーク・ジュニアを追い込んでいた。さらわれた幼い少女を見事救ったハーディガンだが、その場で相棒ボブの裏切りに遭い凶弾に倒れ、罪を被せられる。”シン・シティ“で生きようともがく男たちの結末に向けて、非情の物語はさらに加速する。

『シン・シティ』のスタッフ・キャスト

『シン・シティ』の感想・評価・ネタバレ

  • Arisa Komachi
    Arisa Komachi 3 2018年1月7日

    期待した割には

  • けんしろー
    けんしろー 3 2017年3月7日

    白黒ベースにキャラに色を加える。 独特の世界観で男には受けると思う。 ロドリゲス×タランティーノだけでも魅力的 イライジャウッドの起用方法が強烈。 ポーカーフェイスも怖いし、インテリ系のサイコ野郎は怖すぎ。 オムニバスで進んでいき出て来る主役目線と心の言葉で進んでいく。 影のカットは面白い使い方だと思います。

  • Kawamura

    グロいのが苦手な方は遠慮すべき作品。 復讐はかなり激しい。

『シン・シティ』に関連する作品