春の雪

春の雪

2005年製作 日本 129分 2005年10月29日上映
rating 2.9 2.9
41 2

『春の雪』とは

三島由紀夫の長編小説『豊饒の海』4部作の第1部にあたる同名小説『春の雪』を、『世界の中心で、愛をさけぶ』で一躍全国に名を知らしめた行定勲が映画化。大正初期の名家の子息と令嬢の悲恋を、思わずため息の漏れる美麗な映像で彩っている。 主演は『ウォーターボーイズ』、『ジョゼと虎と魚たち』など数々の主演を務め日本映画界のトップを走る俳優・妻夫木聡と、『いま、会いにゆきます』の竹内結子が務め、志田未来、高岡蒼佑、田口トモロヲらが共演に名を連ねる。キャッチコピーは「永遠を約束されたはずのふたりに、その悲劇は静かに訪れる…」。

『春の雪』のあらすじ

大正初期。松枝家の子息・清顕と綾倉家の令嬢・聡子は幼馴染であり、互いに恋心を抱き意識しあう仲だった。しかし清顕は精神的に未熟であり、二つ年上の聡子からのアプローチにいつもそっけない態度で返してしまっていた。2人の距離は一向に縮まらないまま、ある誤解がきっかけで清顕は聡子との連絡を絶つ。 連絡が取れなくなってからも清顕からの連絡を待つ聡子だったが、綾倉家の中で宮家との縁談の話が進められ、ついに聡子の結婚が決まってしまう。聡子の結婚の話を聞いた清顕はその時になって初めて聡子への想いに気づき、2人は密会を重ねるようになるのだが、その関係はすぐに両家の親の知るところとなり、責任を感じた聡子は出家を決意するが……。

『春の雪』のスタッフ・キャスト

『春の雪』の感想・評価・ネタバレ

  • りかこ
    りかこ 4 2015年4月25日

    手に入らなくなった瞬間欲しくなるというきもちわかります。 エロティックで高尚な作品でした。 聡子が小さい頃清顕に下の句をあげて大きくなったら一緒になろうというシーンが、京都に行く時清顕に返して、もう会わないと伝えたシーンの伏線になっててよかった。 また、大正時代の貴族を優雅に描いてるのでこの作品を見てるとこの時代の貴族に対する憧れが強まります。

  • YURIHHANNA
    YURIHHANNA 3 2013年12月10日

    オナニーしかけた。

『春の雪』に関連する作品