釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪

釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪

2005年製作 日本 113分 2005年8月27日上映
rating 2.7 2.7
9 0

『釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪』とは

西田敏行と三國連太郎主演の人気コメディ映画「釣りバカ日誌」シリーズの第18作目(レギュラー第16作目)。長崎の佐世保を舞台に、騒動を繰り広げる。前作に続き、監督は朝原雄三、撮影は近森眞史。そして脚本は山田洋次に石川勝己、平松恵美子が加わり三人での共同執筆となる。 毎度のレギュラー陣と、ゲストに『電車男』(2005年)の伊東美咲と、『魁!!クロマティ高校』(2005年)の金子昇、そしてタレントのボビー・オロゴンが出演している。

『釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪』のあらすじ

ハマちゃん(西田敏行)とスーさん(三國連太郎)は第二西海橋の連結式の為に、長崎県佐世保へ出張する。佐世保に到着したハマちゃんは、スーさんのお供をせず、長崎営業所に赴任中の後輩・久保田達也(金子昇)に船の手配させ、仕事もせず海へ直行した。そして、達也の恋人・河口美鈴(伊東美咲)も加わり、偶然知り合った米軍基地に勤めるボブ(ボビー・オロゴン)とイカ釣りを楽しんでいた。 ところが、夜の街へ飲みに行ったのを最後にハマちゃんは行方不明となってしまう。ハマちゃんと連絡が取れないまま東京に帰ったスーさんと、知らせを聞いたハマちゃんの妻・みち子(浅田美代子)さんも大騒ぎ。一方その頃、ボブたちとの宴会で酔い潰れたハマちゃんが目を覚ますと……。

『釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪』の感想・評価・ネタバレ

  • chulalongkorn
    chulalongkorn 3 7月7日

    amazon prime 無料

『釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪』に関連する作品