亡国のイージス

亡国のイージス

2005年製作 日本 127分 2005年7月30日上映
rating 3 3
51 1

『亡国のイージス』とは

イージス艦を占拠した某国テロリストと艦内に潜入した自衛官の戦いをサスペンスフルに描いたアクション映画。2000年に日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞の3賞を受賞した福井晴敏の同名小説を、『北のカナリアたち』の阪本順治が映画化した。 主演は『たそがれ清兵衛』の真田広之が務め、共演には寺尾聰、勝地涼、吉田栄作らが名を連ねる。 製作当初、防衛庁は映画の内容から制作への協力を拒否していたが、当時の防衛長官だった石破茂が原作の読者であったことから再考を促し、協力が実現したという経緯がある。

『亡国のイージス』のあらすじ

海上自衛隊護衛艦「いそかぜ」にて訓練中の先任伍長・仙石恒史は、艦内で不審な動きを見せる一等海士・如月行の様子を気にかけていた。だがその最中、「いそかぜ」が某国のテロリストの標的となり爆薬を取り付けられたとの情報が飛び込んでくる。 テロリストの要求は乗組員全員の離艦であり、従わない場合は艦を爆破すると警告を突き付けられた上、この時「いそかぜ」艦内では艦長が何者かに殺害されるという事件が発生しており、乗員たちは混乱の極みの中にあった。 副艦長・宮津は不審な動きを見せていた如月がテロに関わっているものとみて、その身柄を拘束する。そして仙石ら乗員たちに要求通り艦を離れるよう命令するのだった。しかしこの時仙石は宮津、そして海上訓練指導隊の溝口三佐ら幹部たちが離艦を始めないことに疑念を抱いていた.....。

『亡国のイージス』のスタッフ・キャスト

『亡国のイージス』の感想・評価・ネタバレ

『亡国のイージス』に関連する作品