交渉人 真下正義

交渉人 真下正義

2005年製作 日本 127分 2005年5月7日上映
rating 3.3 3.3
166 1

『交渉人 真下正義』とは

『踊る大捜査線』のスピンオフとして製作された劇場版作品。「踊る大捜査線」シリーズにネゴシエーター(=交渉人)として登場する真下正義の活躍に焦点を当てている。地下鉄を乗っ取り試験車両を暴走させる犯人と交渉人真下との息詰まる知能戦をスリリングに描く。真下正義を演じるのは、『20世紀少年』のユースケ・サンタマリア。監督は『踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN2』の本広克行。第29回日本アカデミー賞で、ユースケ・サンタマリアが主演男優賞、寺島進が助演男優賞にノミネートされた。

『交渉人 真下正義』のあらすじ

今日はクリスマス・イブ。警視庁で交渉人として勤務する真下は、恋人・雪乃にプロポーズしようとしていた。そして真下は指輪をそっとコートに忍ばせ、デートの待ち合わせ場所に向かおうとしていた。浮足立つ多くの人々にあふれかえる東京の地下鉄。時間通りに動く日本の地下鉄も今日ばかりは混雑でダイヤが乱れていた。そんな中、地下鉄職員の責任者片岡は不審な動きをする「クモ」と呼ばれる試験車両を発見。地下鉄の指令室に一本の電話が入る。「クモ」には爆弾を積んでいるという。警視庁にも事件が知らされ、真下が犯人と交渉することとなった。

『交渉人 真下正義』のスタッフ・キャスト

『交渉人 真下正義』の感想・評価・ネタバレ

  • 大橋茉莉耶
    大橋茉莉耶 4 2015年6月6日

    真下正義が好き。

  • 錦織孝文
    錦織孝文 1 2015年5月11日

    モヤモヤが半端ない! 結局、犯人は幽霊か?

  • Yuk@

    ユースケさんの淡々とした演技が また良い。 光がないような目がまた合っている。

『交渉人 真下正義』に関連する作品