阿修羅城の瞳

阿修羅城の瞳

2005年製作 日本 119分 2005年4月16日上映
rating 2.6 2.6
8 5

『阿修羅城の瞳』とは

劇団☆新感線と松竹のコラボレーション企画として2000年に上演されて大ヒットした舞台を映画化した作品。監督は『おくりびと』の滝田洋二郎。主演は舞台版でも主演を務めた歌舞伎俳優の7代目市川染五郎。染五郎は今作品が映画初主演作品となる。恋の相手つばきには舞台女優としても活躍目覚ましい宮沢りえ。

『阿修羅城の瞳』のあらすじ

文化文政の江戸。町には鬼がはびこり人間を食らって生きている。江戸幕府は鬼御門という鬼殺しの闇奉行を組織し日々鬼退治をしていた。鬼御門のかつての副長病葉出門は今は鬼御門を辞め中村座の人気役者となっていた。ある夜世間を騒がしている女盗賊つばきと出会った出門。彼女の美貌に一目で恋に落ちてしまう。二人は急速に惹かれあい愛し合うが、つばきにはもう一つ自身も知らない顔があった。つばきは自身が阿修羅に転生する存在だと知らされる。そして他にも阿修羅の力を欲しがっている者がいた。鬼女・美惨と邪空。邪空は鬼御門でありながら阿修羅の強大な力を欲しがるあまり、美惨と手を組み、つばきを阿修羅に転生させるべく策をめぐらすのであった。

『阿修羅城の瞳』のスタッフ・キャスト

『阿修羅城の瞳』の感想・評価・ネタバレ

  • hayashi

    市川染五郎いいねぇ〜! 色気があってよかった* 結末がうーん(._.)

  • Leo Ninomae
    Leo Ninomae 3 2014年6月22日

    まあまあ

  • チェリー様
    チェリー様 0 2012年6月1日

    2005年の映画 今作ったらまた違うかも 暗闇で飛び散る緑の血はよかった

『阿修羅城の瞳』に関連する作品